10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

よい子は徹宵なんてせん。わざわざ深夜サイクリングをするのは?(BRM520西東京300富士) 

ホームの西東京にまたまたお邪魔した5月20日。
ひどいひどすぎる夜中発。22:00。よい子はお布団に入る時間ですよ。
これも主催の富士山を表、裏を見せたいご配慮の設定。
コースは以下の通り。
20170520_fuji-map.jpg
さーて、ということで今回はすこし時間を早めに。町田繁華街のはずれの淡島公園へ。
そこにいくとあれー。大の大人たちがあつまっているではないですか。
こんな土曜日の夜中にね。家族とか彼女とか彼氏とかと遊べばいいのに。
物好きたちが集まっていたのでした。私も含めて。
これから一昼夜走るわけで、良い子は真似をしないでね。
今日の主催のI川さん。また、楽しそうに饒舌なブリーフィングをすすめて。車検。このときはゆっくりと出ていきました。

ナイトなブリーフィング
ナイトなブリーフィング posted by (C)Supple

焦る必要なくゆっくりとスタートして南下して江の島へ。スタートしてから、しばらくOさんといっしょに江の島まで。あれ、今日はかっ飛ばさないのね。私はくるくるとゆっくりと南下。この日は急ぐ必要のないゆったりとしたナイトサイクリングに徹することができた。
片瀬江の島駅前入口の交差点横の公衆トイレの広場が通過チェック。しかし、今日見る光景はいままでの同一光景ではなく。バイクの方がいっぱい止まっている。それも数十台。なんかいい感じ。なんか血が騒ぎますよね。でも、目を合わすと威嚇になってはいけないと。同業者ではないの関わらないようにそっとすぐに出発。スタッフの皆さんなんか大変そうよね。あの集団の脇で細々とやっていました。お疲れさまでした。そのあとはフラットで小田原まで。

1:18 PC1 7-11 小田原寿町3丁目店 73.1㎞
昨年とまるっきり一緒の時間。ここではスープを飲んで御殿場の登りに備える。松田まで北上して、御殿場線を沿うように御殿場までの登り。私はマイペースで登る。みなさん。集団を維持したいのかみんなで走っていく感じで。しかし、信号待ちでマイペースな私が追いつく展開。御殿場につく頃には単独走でしたね。それからは下り。沼津手前で夜が明け。朝焼けとともに。写真を撮った。下りはウインドブレーカーを着て走ったよ。明け方は寒い。

モーニング富士
モーニング富士 posted by (C)Supple

沼津まで来るとお腹が空く。5:00ですが、スマル亭でおそばを食べる。このときブルべの方が入ってきたけど、名前を聞くの忘れてしました。ごめんなさい。ここでウインドブレーカーを脱ぎ、普通のウエアーへ。また、ヘッドライトも撤収。夜中下りモードの装備は終了。
スマル亭 モーニング
スマル亭 モーニング posted by (C)Supple

そのあと富士川方面に千本松原を横目にすすみ。ちょっとガスっていました。残念。途中、元気なさげなO本さんとOたさんをみながら、すすみ。PC2へ。
モーニング表富士
モーニング表富士 posted by (C)Supple

6:37 167.3㎞ PC2 サークルK 芝川町役場前店
ここでスープをこれは完全にタンパク質と塩分補給を意識したもので買いました。
ここからだんだんと気温が上昇するのがわかる。ここからは登り。
塩分補給はスープ。
塩分補給はスープ。 posted by (C)Supple

上って上って30㎞を。そして、途中で見た。大きな富士山。監視塔のようなものにつる草が茂のが気に入ってここで一枚。
朝霧高原の富士。このバックグランドが好き。
朝霧高原の富士。このバックグランドが好き。 posted by (C)Supple

上りを終えて、本栖湖が見える展望台へ。ここで絶景をみるこの写真を開くとわかるが、本栖湖の湖面が鏡のようになり、奥の山々を映し出している。そして、北アルプスが浮かぶように雪山部分を見せている。このブルべで一番感動したシーン。
本栖湖展望台(大室山)
本栖湖展望台(大室山) posted by (C)Supple
山々を映す鏡張りの本栖湖
山々を映す鏡張りの本栖湖 posted by (C)Supple
そして、下りを開始すると急に眠気が。これはまずいということで、鳴沢をとおり、大田和で7-11でコーヒーゼリーを食べて冷たさとカフェイン効果で目覚める。そのあとは淡々と都留まで下りて。昼食を食べようとしたがお店が全部閉まっている。残念なことに日曜日はやっていないらしい。調べたはずなのだがショック。このショックを引き釣りながら、PC3。下り基調なので暑いものの風に吹かれるために暑さにはやられずにすみました。

11:23 237.8㎞ PC3 セブンイレブン 都留井倉店
ここでうどんとコカ・コーラとコーヒーゼリーを先ほどのゼリーがもう一つ食べたくてついつい。ここでゆっくりして。 
新雛鶴トンネルへ向けて走る。途中ですね。すこしづつ標高がさがると暑さが増してくる。なんか調べ物をしたくなって秋山で公民館兼図書館に入る。図書館の方に声をかけて個室へ入る。とても快適でした。あれ、便器に座っている。調べものってなんだっけ。
これで身体も気持ちもすっきりしたので、走行開始。身体が軽い。これかあ。
秋川図書館
秋山図書館 posted by (C)Supple
新雛鶴の道路から道志みちまでは一様アップダウンがある。こちらも淡々とゆっくりとペダルを回すことで乗り切りる。途中、結構休んでいる方が多く、暑さにやられているようでした。今回はかなり水分補給と塩分補給を調整してきたので、特にバテずにすみました。図書館の休憩は大きかった。新雛鶴は5年ぐらい前に気温40度で走行したことがあったことも思い返し。そのときのつらさを思い出しながら今回はそれにしては涼しい。そして、相模原に入りゆっくりとケルビムまで。

15:50 304㎞ ゴール 今野製作所
ゴール
ゴール posted by (C)Supple

今回は、淡々と睡魔も少なくコーヒーゼリーと図書館に救われたブルべでした。日ごろ図書館で本を読んでいるおかげかな。全く関係ないか。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん毎度毎度ありがとうございました。

日記をお読みいただきありがとうございます
まあ、淡々と。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Tag: 本栖湖 
tb 0 : cm --   

[その2]DNF 体調がもとに戻らないどうしよう。(2017BRM415たまがわ400奥久慈) 

その1のつづき
PC2では、西東京のMicronさんがいるではないですか。遊びにきたらしい。最近は茨城によく来ているらしい。
このPC2で会えたのはとてもうれしく。しかし、疲れて切っていたけど、弱音を吐くと落ちそうなのでそのまま。
あとで食堂がなかったらのためにそして、先を急ぎたい。雨も気になっていたのですよね。ということでこのPCでコンビニ昼食をとった。Micronさん夫婦に見送られて勇気を出して先を急いだ。




PC2から、国道6号 水戸街道をとおり、そして、ひたちなか市へ。海浜公園にいかず、ルートを北上。
途中、常陸太田駅の前の信号待ちをしていたら、水郡線の列車がとまっていたので、写真を。非常にカラフル。E132-2車両。ディーゼルエンジンを積む気動車である。水郡線の支線である。常陸太田は私の勝手な印象で。徳川光圀の隠居場所だから余計に終着駅っていう感じで寂しい感じがするのでした。

常陸太田駅
常陸太田駅 posted by (C)Supple

常陸太田を少し北上し、 太田広域農道をとおりアップダウンで足を使い十王ダムへ。桜がきれいでした。とても、そして、ダムの壁面にも桜の絵がなんとなく癒されました。十王と聞くと閻魔大王を連想するが少し関連はあるのだろうか。多分。

花貫さくら公園
十王ダム posted by (C)Supple

ほぼノンストップでPC3へ。
15:57 186.1㎞地点 PC3 セイコーマート 高萩手綱店
すげいなあ。200㎞を9時間台で走るペース。さすがに追い風。ただ、かなり体調は悪い。その改善のためにも常時補食。

茨城県・千葉県では有名なMAX COFFEEを。ここまではうまく雨に降られずこれた。
雨レーダーをみながら、つぎを考える。レーダーは20分ぐらい待つと雲が切れるそして、西の空に晴れ間が見える。ということでGO。しかし、かなしいかな1㎞走ったあたりから雨が。道もウエット状態。本来であればDNFのレギュレーションであるがここは我慢。
坂を上っている雨もやみ。ここからは阿武隈山系の登りで矢祭に抜ける。

MAX COFFEE
MAX COFFEE posted by (C)Supple

19:21 231.7㎞ 通過チェックファミマ タカシン矢祭店
この辺で気分的には170㎞ののこりなのでゆっくり行こうとするが、やっぱり気分のノリがわるい。
ここまでシン3といっしょになる。まあ、これでここまでくれば何とか終わるねと話していました。
しかし、変な結末になるとはつゆ知らず・
淡々と笠間まで。気温も寒い。

23:39 305㎞ PC4 セブンイレブン 笠間昭和町店
この時点で最悪の事態。食欲がなくなりごはんが入らない。休んだらだれもいなくなったPC。
この辺あたりから、道祖神峠,(どうろくじんとうげ)を登ればなんとかなるかなと思っていたら、PC4の補給したものがおなかで消化できない。そして、頭痛もひどくなる。そして、体温低下が始まる。道祖神峠は越え、犬にも吠えられ追っかけられ。すこし回復したが、すぐに体調は元に戻る。ふらふらしながら朝日トンネルまでやっとのことで行けた。
PC4 7-11 笠間昭和店
PC4 7-11 笠間昭和店 posted by (C)Supple

結局、足が回らなくなり、
01:50 DNF ポイント 337.4kmの二本松交差点にあるファミマで力尽きる言うか。限界。4時間休んでも回復せず。
救急車を呼ぶか迷ったりしましたが、1時間休んではっきり明るくなったのでなんとかJR土浦駅まで移動。そして帰宅。

あと60㎞強にもかかわらず残念。

本当に今回は身体が壊れたようだ。その後2週間はずーっと気怠さがつづくまずい状態でした。
多分、電解質異常、低血糖、低体温、疲労のダブルパンチだったのかもしれません。以後、摂取をスープなどもまぜて塩分補給をねらっていこうという反省点を残す。いいブルべでした。

スタッフの皆さん、深夜にかかわらず連絡してしまいすみません。
参加者の皆さんもお声変えなどいただきありがとうございました。

日記をお読みいただきありがとうございます。
DNFをあえなくする。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

tb 0 : cm --   

[その1]DNF 体調がもとに戻らないどうしよう。(2017BRM415たまがわ400奥久慈) 

しらぬまに時間はたってしまうもので、ブログを1か月も過ぎて書き始める

4月15日の7:00船橋発にはさすがに当日電車で間に合わないので輪行でいく。この日は前泊。
小田急線町田駅 前日移動
小田急線町田駅 前日移動 posted by (C)Supple

一泊をホテルで過ごすわけだが、起きたらなぜかボーっとしている。というか火照っている。
走る前から。ただ、スタートはしようと船橋港親水公園へ。受付。

そして、準備体操として恒例のラジオ体操。というより一般のご近所の方が集まってやっていることを便乗しているだけだが。現地のみなさんも自転車で長距離乗ることは理解しており、今回はどこまで回ってくるの。という的を得た質問がくる。地域密着というものだ。また、励ましまでいつものごとく。
ただ、ラジオ体操第二までやるの?第二までは覚えていないが、やった記憶が思い出されるもので、でも、学生時代以来だなあ。遠い懐かしい体操。でも、いまでもやっているのよね。
ラジオ体操
ラジオ体操 posted by (C)Supple

このデッキのようなところで体操をしたわけだが、さておき今日は午後から雨予報。特に茨城で雨になる予報。ただ、体調の悪さはなんとなく心配。ただ、今回のコースは出身地をもろとおるわけでその好奇心は半端ない。いけばいったでかなり衝撃を受けるのであるが。
みんな
みんな posted by (C)Supple

ここをスタートして幕張メッセへそして、成田空港、利根川を渡り、PC1へ。強い追い風のおかげで高速ペース。
10:00 PC1 7-11 茨城東西代店 72.7㎞ 
PC1 セブンイレブン 茨城東西代店
PC1 セブンイレブン 茨城東西代店 posted by (C)Supple
身体の負荷もなく走れているので、少し休憩。しかし、休憩したら身体がだるくなり。補食も走行中でもパンを食べたりと問題ないはず。また、ミネラルも補給しているということはこれは本当の体調不良だな。水戸までいくかな。どうせ雨だろうなんて感覚をもちながら、PCをあとに。そして、行方市麻生エリアへ。この辺はうちの先祖の方々の住んでいたところ。ここでお昼と考えいた、
かすみ食堂によろうとしたら、まだ、オープン前。ちょっとびっくりしたのは。麻生陣屋大通り商店街なんてものが整備されている。どことなくがんばっている感じがする。ということで心で感じながら走るのはやめずにそのままPC2 へ向かう。ここから鉾田まではUpdownがつづく道。この道は20年ぶりに通る。小学校は廃校も見られるし、家がなくなっていたり、お店もなくなっている。なんだか寂しい思いとともに懐かしさも。ここを通って市街地が見える手前ぐらいで、なんだか気分が悪くなる。ちょっと変な鈴の音が聞こえたとともに体も重くなった。これがPC2の直前までつづく。なんだったのか。そして、PC2につくのでした。頭痛はするし。疲労度もかなり高かった。天気はとってもいいのだが。ここでコンビニ昼食へ。
12:11 PC2 ミニストップ 茨城町海老沢店 118.1㎞ 

スタッフの皆様、参加者の皆様。いろいろとありがとうございました。お声掛けおよび励ましなどもいただき励みになりました。

日記をお読みいただきありがとうございます。
DNFをあえなくする。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

tb 0 : cm --   

走りごたえのあるコースでした。そして脚のよい具合確認ができた。(BRM318西東京200しおかつお達磨山) 

BRM318西東京200しおかつおに参加。無事完走。参加者の方々、スタッフの方々大変ありがとうござました。
今年は達磨山を組み込まれたタフな新コースをエントリーした。先週のやまゆりに引き続き新コース。

この日は4:30に起床、5:00に車で出発。
昨年同様、車で三島まで。6:16で到着。久々の東名高速を走った。新東名高速を乗ろうとしたらトラックにずっと並走されて移らずそのまま直進。朝焼けに生える御殿場線の写真を途中で撮りながら行った。この前の車がVegaさんの車と知らず。
早朝の御殿場線
早朝の御殿場線 posted by (C)Supple
三島まで来たわけだが、あまり寒くない。駐車場は見ると、Vegaさんとピンクロさんの車といっしょの駐車場だった。彼らは松崎コースらしい。ここで挨拶。少し早めについてしまったらしい。ここ確か1100円だったから。周囲に比べると安いから。有人から無人に切り替えたんだよね。

6:30に三島駅前によるとスタッフのみなさん勢ぞろい。というより受付に時間を合わせてくるのは三島だから。私は西東京の場合、ブリーフィングぎりぎりであるが、今日は余裕。スタッフの皆さんに挨拶。KYだったまだ、セッテング中だったのね。
スタート受付
スタート受付 posted by (C)Supple
そして、受付開設後、すぐに受付して、参加者の方としばし会話。ブルべ太郎さん、まこたさん、hacさん、ちえさんなどなどご挨拶。三十分後に松崎コースのスタートもあるため、いろいろな方と挨拶できた。
喪章とスタート地点
喪章とスタート地点 posted by (C)Supple
ブリーフィングはけーこさんで、初めてだったらしい。あれ、はじめてだったけ。ぐらい貫禄?
スタートは、間引くために828さんが一人で車検。車検以外に、財布の有無のチェックまで。ああ、前回のPCにブルべカードと財布の置き忘れをしたからなあ。

7:30には三島を出発することができた。三島の住宅街と狩野川ののどかな風景を走りながら、修善寺まで。hacさん、ブルべ太郎さんや山の子さんなどと一緒に走る。
Cueシート事件:
なぜかCueシートに違和感を覚えながら走っていた。曲がりが実際と会わない。修善寺は2周するし、その間、だれもいないし。こりゃあ参った。そして、スタッフの行方不明者となることに。今回、初めて修善寺温泉街へ突入したため、ここで痛恨のミスに。ただ、なんとか達磨山レスハウスに行けたもののとてもショック。
達磨山レストハウス
達磨山レストハウス posted by (C)Supple

よく見ると私のCueシート 曲がりの方向が一段ずれていた。なんでこんなところで気が付くの。ありえないので原因分析ができていなかった。また、すごいのはもう一つミス。私のCueシートには各コマごとに15㎞/hの時間が書いてある。どうもぎりぎりと感じながら。PC1で時間をみてはじめて、1時間早い計算になっていることに気が付いた。なんとも15分で仕上げたCueシート。QCチェックをするべきであることを痛感。マッピングでも合わなかったんだよね。

そのショックはさておき、雄大な綺麗な景色を楽しみながら、達磨山、仁科峠を走る。
雄大な綺麗な景色:
これを見ずして、このコースを山場。こんなものが前半にあるので、とてもモチベーションがあがる。
達磨山レストハウスから富士
達磨山レストハウスから富士 posted by (C)Supple

ショックを受けながらも、沼津方面の絶景。でも、腰に負荷のありそうな坂道に 一首。
富士山に 感動味わう 心かな ショックの気持ち にじみとけこむ。
駿河湾と富士山
駿河湾と富士山 posted by (C)Supple

達磨山の道を自転車がのぼる人たちが点にみえる。ワインディリングロード。西伊豆スライライン。
達磨山
達磨山 posted by (C)Supple

上ってくるライダーとブルべライダーが点にみえるなんとなくいい感じ。車では味わえない感じ。天気がよいからだけど。
金冠山方面の富士山
金冠山方面の富士山 posted by (C)Supple

嫌なくらい上り返しで仁科峠。疲れるのは疲れるのだが、着実にゆったりと登る。途中、シカが車にひかれて腐敗化が進むものをみて。世のしきたりかあと思いながら通り過ぎる。また、平和寺本山という碑があり。観音様などが石像であり。仏教かあ。どうも戦没者の供養(特に在日朝鮮人のため)のためのものらしい。らしいといえばらいしい。
それえを横目にみながら、「安心立命」の言葉が突然湧いて出た。
仁科峠
仁科峠 posted by (C)Supple

仁科峠からの富士山。この辺の走る人がいろいろいるので会うたびに安心感。ここまでは今回は脚は問題なし。すこしトレーナーの言っていた「筋肉の張りを出すなら中止のこと。きつかったらやめること。」が頭から指示がおり、身体を見直す。とてもよく体と会話しながら進む。
仁科峠から達磨山
仁科峠から達磨山 posted by (C)Supple
この仁科峠からほぼ下り。ここで1時間の貯金。途中、道を迷いそうなところにスタッフが誘導。そして、仁科の町に下る。この間、スタッフのKさんの後ろを走しったり、車を警戒しながら下山。この時点で貯金が1時間半あるのに30分と勘違い。松崎を素通り。お昼を食べれずだなあ。コンビニ昼食決定だあなあとこの時点で決心。余裕がないというより、余裕がないと思っているが正しい。

岩科南側からの上り:
ここはあきらかに農道/山道。そして急傾斜地域。急な血糖低下にならないように持ち歩いていたクリームパンを2つ補食し。ここでもゆっくり登る。まだ、足の貯金はある。どうせ西伊豆のアップダウンを乗り越えないといけないのであまり負荷もかけられないので、安定の5-8㎞/hで登る。そのあと石部の棚田を通る。しかし、この季節。まだ、雑地状態。なんとなく時間もない自分の心もあり、写真はなし。マーガレットラインに出て、南伊豆の下賀茂まで。このUpdawnもかなり足に来るので、足の負担を緩めてはしる。一番きつかったのは妻好からの登り。なぜかここではつらいと思った。私の気のゆるみからかもしれない。そして、下りをほどよく走り。PC1へ。やっとPC1(104㎞)ポイント。

PC1へ:
本MさんやちえさんやK上さんや松本のWさんとも話しながらここで昼食。パン食だけでしたが、すぐに出る。ここで初めてCueシートの想定時間の計測違いも発覚。相当ショックで落ち込み過ぎた。南伊豆の帰りは蛇石峠経由。
蛇石峠
蛇石峠 posted by (C)Supple

さあ、ゴールまで。
蛇石峠あとはラーメンを無性に食べたくなったのでイートインのある松崎のファミマで昼食をさらに。チンするラーメンで汁まで飲み干す。
ラーメン食べたかった。@松崎ファミマ
ラーメン食べたかった。@松崎ファミマ posted by (C)Supple
このあとは、松崎コースの方と内浦(PC2)まで一緒なので、声をかけなら行く。途中食「ういろう」を食べるために戸田の町を通り過ぎたところで歩き。それ以外はノンストップでつきました。PC2ではここまでのモチベーションのためにお願いしておいた(メロンタルト)美味しかった。

また、ゴールまで7-11三島二日町店(20:07)で終了。結局、後半は炭水化物ばかり食べ続けたって感じ。

今回はCueシートの作成ミスが数々のミス情報で動揺してしまった。今までミスしたことをなかったもので。今後は1週間前には完成するようにして、チェックしないといけないなあと、自作Cueシートのみで走っている以上。いい反省材料の多いブルべでした。
しかし、身体のほうはいたってトラブルなくすんでよかった。

家に帰ったのは12:30。後始末は洗濯も含め2:30。結局23時間営業でした。
翌日は眠たかったあ。家事が山ほどありました。

日記をお読みいただきありがとうございます。
やっと完走。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm --   

リハビリライドは順調。無事完走(BRM311たまがわ200やまゆり) 

リハビリブルべ第2弾。BRM311たまがわ200に参加。参加者のみなさん。スタッフのみなさん。大変ありがとうございました。


前日にトレーナーに完全復帰の称号をもらえず。なぜか左の肉離れのはずが、右の脚の筋肉強化が必要というかそれを実感している最中のことである。とりあえず参加。すでに肉離れのトレーニング済んでいるが、どこも悪くさせないためのリハビリ。

3月11日のこのブルべは二子玉川6:00発。当然、ブリーフィングまでにと思い5:30に現場の到着となると一様、3:30起床。まだ深夜の起床となる。これだけでも疲れるのだが。とりあえず計画通りに。
ブリーフィング中
ブリーフィング中 posted by (C)Supple
スタート地点には5:30到着。ブリーフィングはまだでした。早速受付をして、ブルべカードに必要事項を記載。今回はWAVE制6:20の出発。寒かった多摩川河川敷のため。誓約書忘れたり、脇で聞きながら現代はコンビニに行けば、スマホがあれば打ち出せる時代だから対処方法が数多い。時代のすばらしさを感じる。
今回もブルべ初めての人が数多い。なぜにこのコースを選ぶ、フラットから後半アップダウンの両極端なコースをと思いながら横目でみていた。
スタート時の雰囲気
スタート時の雰囲気 posted by (C)Supple
車検もすみ。6:20には出発。
最初はどこも多い。みんな最初から飛ばす。追い風もあってか。みんな速い。ただ、ところどころで集団が。

ブルべライダーが行く(国道1号)
ブルべライダーが行く(国道1号) posted by (C)Supple
国道1号、16号をそして、金沢を越えた六浦で横道に。逗子、鎌倉を通って、鎌倉山に。
といいつつ。途中でウインドブレーカーを脱ぎ。PC1で中を一枚脱いでとだんだん気温上昇とともに温度調整をした。
鎌倉山を通ったときは、えらい大きな家が多くて、高級住宅街で。
オーナーになってみたいものだと思いながら、おしゃれなテラスのある喫茶とか。家々を眺めなら、自転車を走らせ
PC1へ。
PC1 ファミマ西鎌倉駅前店 (9:14 57.1㎞)
西鎌倉駅 PC1前
西鎌倉駅 PC1前 posted by (C)Supple

PC2までは、海沿いを相模湾を撫でながら、国道135号、1号を通って、PC2へ。この間、食べたいお店は全部準備中。
PC2 7-11小田原扇町二丁目店 (11:06 91.9㎞)
家からもってきたクリームパンを完食とともに月餅を補食のため購入。いまからやまゆりラインに入るため、ポカリを購入。
PCを出てしばらくいくと、ブルべライダーが事故にあっていること。少し声かけて、救済している方も主催者側にも電話をしているし、警察の方もいるので安全性確保ができているということですぐ立ち去る。救済している方は今回ブルべ初めての方とはなんともすごいなあと。そのあとバームクーヘンの売っているところを間違えて通り過ぎたようでした。そのあとやまゆりラインへ。
ここは初めて通る道でして最初から坂。Updawnをくりかえす。まさしく広域農道。
やまゆり広域農道
やまゆり広域農道 posted by (C)Supple

そしてUpdownを繰り返しながら、ゆっくりと走り。震生湖入口。ここでの写真が通過チェック。ここで秋さんにあって。いっしょに走る。

震生湖入口
震生湖入口 posted by (C)Supple

秦野の街並み
秦野の街並み posted by (C)Supple

そのあとはコース上にあるジェラート屋のダマッティーによる。あとで紹介します。そのあとはヤビツを上る前にコンビニで食事をとる。ここでも秋さんと話しながら食事をとり。ひたすら上る。結局、7-9㎞/hの間でゆっくりと登り。すぐに下る。結構脚も使っていて結構、きつかった印象。しかし、ゆるく回したことが功をもたらし。峠で休むことなく下る。途中、発破作業のため、立往生。数分待ちでラッキー。しかし、ここで交通誘導員と現場への電話のやり取りが喧嘩腰。
「上側、自転車と車をとおします」
「ざー。」
「おい、車を通すっていってんだろう。聞こえているのか」
「ざー」
「おい、車を通すっていているんだからなんか答えろよ。おい」
喧嘩腰で怖かったあ。そのあとはすんなりとPCへ。
ヤビツ峠
ヤビツ峠 posted by (C)Supple


PC3 7-11(15:55 158.3km)
PC3ではすーさんと会って、ご挨拶。先に出られました。
ここでは家族のお土産に牛乳かりんとを購入。帰ってから受けが悪かったあ。とてもショック。
ここで、小田原で事故されたかとも会い。とても元気そうでした。途中コンビニで殴り合いの喧嘩を大人でしているかたも見かけたが、結構よく景色をみるとそんな人間模様が垣間見れる。津久井湖の脇を通り過ぎると、あれ、誰かいるよ。道に迷っているようで、「PC3はどこですか」とすでに7㎞も先に来ている。戻ってレシートもらえば間に合うよとはいうものの、もうあきらめるとのことでした。尾根幹も越え、平地は27,8㎞/hでゆっくり走って、途中すーさんとも会って、ゴールまで一緒に走りました。やっぱりゴールのころには日が暮れていました。無事ゴール。

ゴール(18:37 202.6㎞)
ゴール後はゆっくりと歓談し。ジュースをたらふくのんで、帰宅の途に。
どうしてもお腹がすいたので、新百合でラーメン屋によって、ラーメンと餃子を食べて無事帰宅。

21時過ぎに家につき。この日はおわったのでした、

無事、完走。体重増加を走法で補うという感じです。後遺症がないのでよかった。
ということで次のトレーニングに移ります。


今回は、出会いがしらの事故もあったみたいだし、転倒もあった話を聞く。また、集団で楽しむ方増えたようで、集団の最後尾が信号無視が多い。というより私は先頭になることが多かったなあ。最近多くなってきているように思える。イベント人口が増えるとこんなことは当然と思えることなのだが。

今回のコース。基本的には初心向けの感じには思えなかった。割ときつく感じた。でも景色はよいのでとてもすがすがしいコースであったと思う。コース作成者は家庭の事情もありこれなかったとのこと。晴れたのでよかったです。

日記をお読みいただきありがとうございます。
もう、リハビリといえないかな。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

tb 0 : cm --