06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

田谷の洞窟 蝋燭の灯に集中そして静寂。 

田谷の洞窟については、以前から気になっていたところで、自転車でいってみました。 田谷の交差点から数百メーター入ったところ大きな看板がある。真言宗 田谷山 定泉寺の一角にある洞窟。田谷山瑜伽洞が正式名称だったようです。入場料は大人400円。パンフレットをもらえます。

田谷の洞窟 看板
田谷の洞窟 看板 posted by (C)Supple

パンフレットの通り、四国八十八、西国三十三、坂東三十三、秩父三十四の計百霊場を回ったことになる驚きのスペックの広さ。
それ以外にも、両界曼荼羅から、弘法大師、奥の院までここにある。不動明王から、十二薬師。真言宗、弘法大師を祀るだけあると思われる。
洞内は電球があるが、薄暗く、面白いのは蝋燭を一本立てて、中を歩く。中は一人が歩けるぐらいの幅でそこを歩く。そして、風があるのか。蝋燭の火も消えそうになったりする。消えても電球があるので大丈夫ですが。火を絶やすのはまずいと思いつつ。ゆっくりと中を歩いた。ただし、この洞窟の中は撮影禁止。寂静を保つためであろう。また、修練の場ですからやむ負えない。でも、なんとなく、洞内は念仏の念が残存しているようにも感じた。
田谷の洞窟 パンフ
田谷の洞窟 パンフ posted by (C)Supple
また、このお寺は本堂も入ることができる。阿弥陀如来が本堂中央にある。左手は不動明王。また、木魚を叩くことができる。大きな木魚です。
真言宗 田谷山 定泉寺
真言宗 田谷山 定泉寺 posted by (C)Supple

まあ、たまには、こんなところもいいね。なんとなく、冒険をしたという満足感が残った。

日記をお読みいただきありがとうございます。
気になっていたところに行けた。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村


にほんブログ村

Category: 神仏閣

tb 0 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/866-8931cc2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)