08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

手軽感でリーズナブルな天ぷら屋。よってみるとそのとおりのところでした。@いだ天(河口湖駅 山梨) 

7月2日の昼食でよったお店です。河口湖駅で近くの天ぷら屋で。割とオープンなガラス張りの黒を基調とした外装。そのためか。敷居が低く入ることができる。どうも外人向けにもオープンにと考えているらしく、英語の表記が日本語が外のメニューの看板とメニューにに記載がある。駐車場も完備しており、自転車も一様はスタンドはあるもののちょっと使えないかな。
余談ですが、いだ天のロゴも純和風。富士と桜をイメージさせる青と赤のマーク。ホームページをみると英語、中国語、タイ語の3か国表記がある。

お店の店内をはいるとまず見えるのは、カウンターがこの字にならび、テーブル席も多くあり、一人でもファミリーでもは入れるお店である。ただ、コの字の真ん中に天ぷら用の調理場があり。そこで天ぷらを実演してあげてくれている。この日は人も多く、それは私の天ぷらをあげてくれているのか。ついついその揚げる作業をみてしまう。店員さんはちょっときごちなさを感じる。接客アルバイトをしている。マニュアル化もしていないし、役割も明確でなく、気が付いたものが動いているような感じに見えた。
コの字のカウンターを囲んで真ん中に調理場
コの字のカウンターを囲んで真ん中に調理場 posted by (C)Supple

今回はあなご天定食を食べる。
メニュー。別の写真のものを探してみて@いだ天
メニュー。別の写真のものを探してみて@いだ天 posted by (C)Supple
オーダー後、こんな器がこれがくるとわくわくしてくるわけでして。赤の器がまだかまだかと天ぷらを待つわけで、10分ぐらいするとやってきました。サツマイモ、ししとう、ピーマン、たまご、フグ、あなご。あなごも大きめで。おなか空き空きのサイクリストにはたまらない時間。天つゆで食べました。 揚げたてなのでとてもおいしい。
私とは今回、変わり種の玉子とふぐは個人的には天ぷらにしなくてもなんておもた。ふぐはそのとおり、淡泊なお魚で天つゆを味わっているようでほこほこした身が口の中で味わうことができるが、どこか物足りなさを感じる。また、玉子はどうしたって、ゆでたまごそのものを塩で食べたほうがよかったのかあ。と後で考えるとおもった。そのときはおいしいと思って食べていました。
定食待ち@いだ天
定食待ち@いだ天 posted by (C)Supple
あなご天定食@いだ天
あなご天定食@いだ天 posted by (C)Supple
あなごとふぐ
あなごとふぐ posted by (C)Supple
カウンターの備え付けの、天かすと厚い削り節との天つゆを和えたものは、ご飯にのせると不思議な味わいでした。

店内は天ぷら屋なのあぶらのギトギト感を感じさせず清潔感はありました。



関連ランキング:天ぷら | 河口湖駅




日記をお読みいただきありがとうございます
食べたいものを食べれるこの幸せ感。クリックをお願いします。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: グルメ(その他)

Thread: 日本料理・寿し・割烹料理

Janre: グルメ

tb 0 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/832-a6d079bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)