05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

BRM927西東京200柳沢峠 前半 

9月27日 BRM927西東京200柳沢峠に参加。これ去年もやったけど参加することができなかったのでこちらに参加。
数えてみるとブルベにエントリーはしているものの1月から一度も完走をしたことがない。DNSだらけ。
周りの人からも今日は気持ち的にOKね。とか。久しぶりに参加といわれる始末。(笑)

さて、このコースは少しきつい。獲得標高は4190m、距離は203.1㎞、平均傾斜がほぼもとに戻るので0%。
ということで坂に耐えられればOKなレベル。コース的にはシンプルなコースで、Qシートも少な目。

13時間30分で走ればいいのだからと計算していたが、あいにくグルメ情報をGetしていなかった。
チャーシューのおいしいラーメン屋情報がもれていたのはなんとも心残り。(帰ってから気が付いた)

スタートは津久井湖にある山城ダムからスタート。今日は涼しめ20度きり。ということ暑さ対策がそれほど必要なし。予定では15℃から25度以内と読んでいた。念のためウインドブレーカーをいれているだけ。

ブリーフィングも特に大きなことなくおわり。みなさんに挨拶したり、朝食を食べたり。
久しぶりに、HACさんに会えた。あとは常連メンバーやスタッフの方々に挨拶。
こうやっていろいろな人に支えられることを痛感する時間。(いつもスタッフのみなさんありがとうございます)
朝食はコーヒー牛乳、焼きそばパン、きなこコッペパン、おにぎり
7:00スタート。
スタート 山城ダム
スタート 山城ダム posted by (C)Supple

8:37 古里の7-11(39.1㎞) 
通過ポイントになっていて、ここはなんなく通過。ちょっとハイペース。
スタッフのmicronさんからも今日は速いじゃないと。実は自覚がなった方のよね。
確かに今思うと早い。あのときは通常通りと思っていた自分。
途中ハイキングか登山をしている方がいたりして、あいさつしながら、トラックに抜いてもらったり。なかなか余裕のある走りをしていたはず。ここでは、コーラーを1本飲んで、補食(フェナンシェ、どら焼き)を購入して。ここで水を補給。

そのあと大嫌いな坂道。第一の難関、柳沢峠をひたすら上る。
奥多摩を通過。いつもここの信号に引っ掛かる。ご縁のある信号なので写真を残してしまった。
奥多摩の交差点
奥多摩の交差点 posted by (C)Supple

奥多摩湖、たばやま まではなんとか余裕があった。道の駅はトイレ休憩とスポーツドリンクの補給によりましたが、
ほとんどの方は素通り。だいぶ抜かれたかも。
道の駅 たばやま
道の駅 たばやま posted by (C)Supple

途中の山の湯宿はまやらわで稲川さんはゆったりわらび餅を食べている横をえっちらおっちらと登って行く。
今思えばよってもよかったかな。わらび餅。
そして、柳沢峠に到着。 ここって本日もっとも高いエリア 1472m。
スタッフのはにわさんやならさんがいて、通過チェックしていました。どうもコース先に凹凸があり危険な個所があるアドバイスを、しかし、遊ばれ、この自転車だったらジャンプしても大丈夫だあ。なんていわれながら下り始める。確かに凹凸がありだが、エアーできるほどのものはなかった。気持ちだけ。エアーさせてもらったが、(私、注意を無視して爆走侵入はしていないからね。)アクロバティックな行動もできず。安全走行で麓まで。キャンピングカーが前にいて、ほとんど煽っていたかも、途中減速した隙に抜いたのですが、ドライバーの方にはもう分けない。追いついちゃうんですよね。
柳沢峠
柳沢峠 posted by (C)Supple

12:24 PC1  101.6㎞ 7-11ここでやっと昼食。というよりグルメ情報をもっていないから、どこもよるとこなしと思い。焼うどんを食べてコースに復帰。
PC1 塩山エリア 7-11
PC1 塩山エリア 7-11 posted by (C)Supple

PC1 補給中
PC1 補給中 posted by (C)Supple

PC2に向かうにも御坂峠がある、この峠が試練と思いきや。塩山のフルーツラインで強烈な向かい風。ここでパワーダウン。
といいながらも気になる怪しい店舗の匂いがするラーメン屋があった。PC1で食べてしまったので寄れずじまい。あとで食べログで調べたら、チャーシューが美味しいらしいラーメン屋らしい(ラーメンランド甲東園)行ってみたかったあ。
フルーツラインがおわり笛吹の観光の果物農園があるエリアでコーラがほしくなり。これが妙に切望度が強い。

そのあとは御坂峠を向けて16㎞ずーと上りが待っているわけで、気温も20度以上を超えてもきたので、その連続坂道に入る前にPCではコンビニで、ポカリを補給して、コーラをがぶ飲み。この高揚感は何と言えずうれしい限りで。

それからはフラストレーションが溜まる時速9-10㎞/hのちょーう徐行ペースで登る。途中、筋肉が疲れてきたので、ストレッチをしながら登り。10㎞のぼったところから旧道に入ると急に気温も下がりと車があまりこないさすが旧道。なぜか追い抜く車のほとんどが、クラッシクカ―。そんなのを横目で見ながら、いいエンジン音を上げながら登って行く。(なぜか、うるさいと思うバイクのふかしのエンジンの音とは違うんですよね)ああ、この旧道に似合う車だあなあとまったりと登る。どうも富士マウンテンラリーを開催していたらしいので、数十台のヒストリックカーが参加していたようです。右京さんもでていたそうな。少しラッキーな時間にこのエリアに入っていたのかもしれません。
なんか旧道の登りは、何とも言えず、軽井沢のような高原にきたイメージになってしまい。森林セラピーとクラシックカーを堪能してしまいました。

後半に続く。

日記をお読みいただきありがとうございます。
久々に完走したので長くなった。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

tb 0 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/682-ffce6ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)