06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

マイブーム炭酸水でダイエットをカタルシス。 

題目の通り、炭酸水の話題でございます。ただ、カタルシスは心理学上の浄化ではなく、本来のギリシャ語の生理学的な意味としての、体内から排出による体内浄化の意味と「語るしす」と韻を踏んだだけです。心理学と思った方はごめんあそばせ。

と前置きはおいておて、
私の体重を維持するのに間食の代わりに飲んでいるのが炭酸水なんですよね。
満腹感もあり、そう快感もあるし、しかし、欠点なのか、利尿効果があるので、トイレの回数が多くなる。
ただ、排出することで老廃物も出ている実感は感じる。
実際の弊害としては2時間以上の会議だと途中抜けが多いけどね。(ある意味、議論が白熱したときの、戦略上の意味でトイレにいく戦法をつかって、感情論を冷静にさせるときがあるけど)

まあ、炭酸水は体にはよさそうですよね。発汗作用などもよくなるしね。

大体、下の炭酸水を飲むことが多い。別に特定していない。あとはセブンイレブンの炭酸水も買うかな。
ゲロルシュタイナーは天然水なので好んでいますが、ミネラルもあるし。

ダイエットにはいいのでしょうね。満腹感もあるので食べなくて済むしね。

実はダイエットのうんちくをするの長くなるので、続きに記載させてただきます。





クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
ああ、多分、Drとか読んだら。医学的なことでは間違えあると思うけどね。

一様、ダイエットというより、体重の減量や増量は昔からやっている。
中学のスポーツから体重の階級制があるので減量をやっていた。
ちょっと血算や電解質のデータを見ながら、3か月で5㎏とか落としていたなあ。
今思うと体に悪そう。成長期なのに。でも、科学的にやっていたんだなあ。今よりも偉い。

なんて、いって高校時代は1か月で10㎏を増えたこともあったなあ。血圧がSBP180だった。
高血圧じゃないですかなんてこともあったなあ。+左室肥大だったあ。肥満だった時も。

と色々な経験を踏まえながら、ちょっとうんちくをいうと。

体重減らすのにどうすればいいのというとき「運動すれば痩せらる」こんな神話をよく聞く。
正しいけどね。運動したら腹は減る。そしたら、食べる。
だから、なんにも変らない。また、消費カロリーからの効果はいまいち。運動だけなんてありえない。
ただ、筋肉はついたりするから、スタイルはよくなるね。

結局、体重だけなら食事のコントロールが手っ取り早い。だって、毎日人は食べ物を食べているから、そこを少しだけ変えたほうが、負担もすくない。しかし、そこには動物の三大欲求の食欲がまっている。だから、そこを満たしながらどこにいきつかせるかが肝です。
これも食事の変更の仕方にコントロールがいる。ただ抜けばいい。こんなの論外。
・何食でもいいけど、栄養バランスだけはとっておかないといけないこと。

結局結論的には、
栄養バランスをとりながら、少し食べる量を減らし。(脂肪を減らして体重減少のため)
適度な運動を行う(筋肉維持のため)

ただそれだけでいい。でもこれって難しいんですけど。

ある程度の効果の有り無しは抜きにして、貧弱になる危険なダイエットでなく、健康的で緩めのダイエットをおすすめしたい。体重変化はなくても、健康は促進すれば、効果といえると思うしね。どうも十人十色のやりかったってものがあるように思えてきた。みなさん、がんばってください。アドバイスはできても結局自分次第だからね。


クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



Category: メンテナンス・備品購入等

tb 1 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/342-e0c58370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マイブーム炭酸水でダイエットをカタルシス。】

題目の通り、炭酸水の話題でございます。ただ、カタルシスは心理学上の浄化ではなく、本来のギリシャ語の生理学的な意味としての、体内から排出による体内浄化の意味と「語るしす」と韻を踏んだだけです。心理学と思った方はごめんあそばせ。と前置きはおいておて、私の体...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 23:20