10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

境川サイクリングロードで補食/和菓子を食べるなら(御菓子司 松埜@大和) 

2017年5月19日
境川サイクリングロードとよばれる自転車道(大和藤沢自転車道路)で藤沢からくるとる唯一ほぼ道沿いの補給場所。
場所は中原街道の境川を渡って新道大橋の大和市側の信号のすぐ横にあります。
ここの近くのバス停の名前はバザール前という名前。たぶん、商店が密集しているこの場所を示しているのではないかと思いますが、そこは想像のみで。の通り沿いにあるといって等しい。そのため、お腹を空かしたランナーやサイクリストのオアシスとしてつかってみてはいかがでしょうか。

なお、境川サイクリングロードは神奈川県道451号藤沢大和自転車道線と正式にはよばれ、県道として認定されている。


御菓子司 松埜にひさびさによってみました。かれこれ五年ぶり。
松埜@大和
松埜@大和 posted by (C)Supple
この日は、これを。
まほろば大和とみたらし団子@松埜 大和
まほろば大和とみたらし団子@松埜 大和 posted by (C)Supple
まほろば大和: 薄い最中の皮に、餅とゴマ餡が入ったもの。甘くておいしい。神奈川銘菓とあるが、Webで検索をしてもひかからずで、このお店ならではなのだろう。
みたらし団子: こちらもみたらしの味もよく、お腹が空いたときの団子に丁度良い。
この日は店内で食べた。そしてお茶を出してもらってゆっくりと食べました。
なんというか。和菓子屋の片隅で食べるのが増えているなあ。
2012年3月25日 御菓子司 松埜さんにお邪魔しました。
栗どらが看板商品で、神奈川県指定銘菓の店と看板にもあります。
昔からあるお店のようですが、詳細はわかりません。

自転車で体内の糖分不足だろう頭痛がするようになったために和菓子屋をみつけて、
お菓子司松埜
お菓子司松埜 posted by (C)Kaol_Supple

ちなみに若旦那がいるのか?若い方もいました。世代交代をしているのか。そうあってほしいものです。
店舗はパン屋と隣接しており、お店の中でつながっており、外に出ずして行き来することもできます。
パンを食べたければ隣に移るのもよしですね。


今日は栗どら焼きとサブレを買いました。
栗どら焼きには全国菓子博厚生大臣賞を取得したらしい。いつかはさだかではない。
たぶん、厚生大臣の記載からするとずーと前と思うのですが。
いまも全国菓子大博覧会は4年に1回開催されているらしい。
食べてみたが、栗も一つ入っている。あんこと一緒に食べても栗の味の主張ははっきりとしていて、とってもおいしい。あんこは大納言を使用。甘すぎず味わうのにはちょうど良かったですよ。やっぱり賞をとっただけのものはありますね。
栗どら焼き@松埜
栗どら焼き@松埜 posted by (C)Kaol_Supple

サブレも購入。こちらは写真はないが味は甘さ控えめでおいしい。
食感が想像と違うのです。サブレといえばどうしても口の中にサブレの味が広がり、サブレを噛むほど、粉上に拡散していくのでコクがあり後味ものこるところであるが、これはサクサク感があり、口の中もさっぱりとした味の広がりで、とってもあっさりとした甘さ控えめに感じるのです。
なぜこんなふうに通常のサブレと違うのかよくみると最中の皮の上にサブレがくっついている菓子である。どのように作っているかはわからないが、このおかげで、口の中をあっさりと甘さが通っていくようなサクサク感のあるサブレとなっている。私としては評価は高い。これは面白いサブレなので食べてみてほしい。


改めて、新しい補食場所を発見及びおすすめできるところを見つけた感じ。
境川をよく使う方。通り過ごしていませんか。ぜひご賞味あれ。



関連ランキング:和菓子 | 桜ケ丘駅




クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 大和市

tb 0 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/282-afc4ce19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)