FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

藁ぶきの仁王門が迎える 坂東二十八番 滑河山 龍正院 

2018年9月1日訪問
2014年以来の坂東三十三観音の巡礼の旅を再開。前回は大谷寺から行っていなかったのね。
今日は滑河の滑河山 龍正院に伺う。ここは2012年2月26日のブルべコースで、高速ブルべをやっていたころですが、納経帳を忘れて、いかなかったところだ。この日、柏発の茨城ブルべだったはずが、雨が降るだろうと取りやめ。車で来たのでよってみた。

このお寺通りに対して境内が平行になっているので、仁王門から西に本堂があるスタイルで車の通りがお寺の側面にあたる。
そのため、境内とおりから全部みえる形で。かつ起伏のないフラットな境内だあ。

この滑河の土地は大河の利根川のほとりにあり、それを人々から守ってきたのであろう。

仁王門は藁ぶき屋根の立派な佇まいがあり、しめ縄は龍を意味するらしい立派な〆縄である。藁を巻いて蔦を絡ませ龍が山を守っていることらしい。なんとも力強い仁王門である。この仁王尊も大火があり、団扇で火を仰ぎ返した言い伝えもあり。
仁王門 滑河山 龍正院
仁王門 滑河山 龍正院 posted by (C)Supple
本堂も急な大きな屋根が立派な本堂で、観音様が祀られているその中に十一面観音が胎内のなかに収められているらしい。天井のきれいな天女と龍も印象的。歴史を感じさせる色褪せ感も。
本堂 滑河山 龍正院
本堂 滑河山 龍正院 posted by (C)Supple
龍が睨む本堂の天井 滑河山 龍正院
龍が睨む本堂の天井 滑河山 龍正院 posted by (C)Supple

こちらで開経偈と般若心境を唱え、本尊真言を3回唱えて。
ご朱印をいただきに寺務所へ。

納経印 滑河山 龍正院
納経印 滑河山 龍正院 posted by (C)Supple

9月に連休中に次は中禅寺に行ってみよう。これで栃木は終わりにしたいなあ。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 霊場巡礼

Thread: 神社・仏閣巡り

Janre: 旅行

Tag: 寺院  千葉  坂東三十三観音 
tb 0 : cm --   

トラックバック

トラックバックURL
→http://supple2249.blog115.fc2.com/tb.php/1086-24f5bbd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)