07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

三島行きが芦ノ湖どまりに。精進池の殺伐さを潜り抜けて、歴史の厚みを感じながら麓に向かう。(2017年8月13日 箱根) 

8月13日三島に向けていったはずが、途中、芦ノ湖でとまる。運動不足だな。
オーバーホール後の長距離走。

すがすがしい朝。途中、座間ひまわり祭り。

座間ひまわり祭り会場2017
座間ひまわり祭り会場2017 posted by (C)Supple
途中で、畑宿で三島まで行く方と離れる。
しかし、ゆっくりと上り詰める。

箱根の旧道の石畳の入口。しっとりとした感じ。
箱根の石畳@箱根旧街道
箱根の石畳@箱根旧街道 posted by (C)Supple

結局、ここまでこれた。
元箱根港と海賊船
元箱根港と海賊船 posted by (C)Supple

そして、国道1号でかえるのですが、石仏群と歴史館によった。入館料は無料。となりに精進池とよばれる池がある。
精進池@箱根
精進池@箱根 posted by (C)Supple

ここに地蔵菩薩信仰のあとがのこる。歴史館で知った。歌人・飛鳥井雅有がこの地を通過する時に「この地に地獄がある」と記したように、険しい地形や荒涼とした風景などから「地獄」とみなされいたことから、地獄に落ちた人々を救ってくれるのは地蔵菩薩ということでここに石像群があるのだと感じる。
確かにここは高原であり、落ち着いたゆったりとした感じは全く感じさせず。寂しいなにか冷たい雰囲気に包まれていた。曇りだったからかもしれません。印象が無機質な感じ。私も写真はとったものの長時間はいたくなく、足をすすめることに。
六道地蔵@箱根
六道地蔵@箱根 posted by (C)Supple

少し行くと箱根越えの湯坂峠の最高点が近くにある。ここでは、徒歩でのぼっていたのであろうご夫婦らしき方に会い。カメラを一生懸命とっていたので、カメラサービスを実施。
国道1号最高点
国道1号最高点 posted by (C)Supple

さあふもとまで下りて。
お昼をウナギからカレーに代えて箱根湯本で食べるのでした。
その行く前に、ソフトクリームをたべて。
それから、箱根湯本の駅にブルーのロマンスカーが止まっている。北千住駅行きらしい。
ここに停車している電車ってなんとなく駅から電車の全体が見えるので好きなんですよね。

箱根湯本駅とブルーのロマンスカー
箱根湯本駅とブルーのロマンスカー posted by (C)Supple

まだ現役でがんばっているモハ2形だあ。箱根湯本駅で強羅に上るため待機中でした。
箱根湯本駅
箱根湯本駅 posted by (C)Supple
なかなか箱根湯本駅も2線が入っているので楽しい。

結局、137km.


日記をお読みいただきありがとうございます。
人の行き来という歴史の厚み。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

tb 0 : cm --