08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

BRM919千葉600喜多方 走行編(その2) 

PC3から出発するわけですが、ここからが苦難。
風はアゲンストであったが。雲行きが怪しいが。
:::睡魔との戦いが始まった:::
すぐに睡魔が。121号から、裏磐梯に曲がる交差点で急に眠気が襲い。自転車がふらついた。すぐコンビニで15分仮眠。
このあとは登りなのでなんとか取上峠まではいけました。そのあとの登り返しで、急に睡魔が、裏磐梯の五色沼あたりまで4㎞をすすめるために計5回の立寝仮眠でなんとかコンビニまで乗り切った。ここで眠気覚ましにコーヒーを購入、このコンビニPCでもないのに、たくさんの方が。
どうもパンクされた方もいてDNFするそうです。足はある方なのに機材じゃね。お気をつけてと挨拶して、そのまま立ち去ることに。
こんな光景を見る予定だったが、ちょびっと残念。

:::え~~~幻聴:::
さて、そのあとは下りを8.1㎞と土湯峠を15㎞強をのぼればあとは下り基調で岳温泉へ。
横向から国道をはずれ、旧道を登っていくルート。まっくらな坂道、そして、風も強く、一人旅。
ちょっと恐怖心を感じながらも、風に揺られる木々の音の合間から、うん?なんか聞こえる。
人の声。救いを求めるわけもなく、襲い掛かるわけもなく、声が聞こえる。どうも登山中の感じでした。
怖くなって周りを見渡してもOnly oneでした。まあ、いいかあ。この山の人が昼間通った残存した声かなあ。という幻聴があった。
また、峠はとっても冷えて下りは寒いぐらい。風もたまに強い風が吹く程度。ウインドブレーカーを着ていたので、防寒は大丈夫でした。そこから、国道までは細い山道。途中温泉があるものの道はまっくらでした国道までは。国道を出たら、
あとは下りで一気に岳温泉のPCへ。この間だけは速かったあ。

PC4 ファミマあだたら高原岳温泉店へ。(338.7㎞ポイント)
ここで20:00ごろだったかな。
そして、カップラーメンを食べて、PC5へ
これがまた睡魔。ちょっと座り込み寝。
PC5 7-11 郡山喜久田店 22:02(361.2㎞ポイント)
レシートもらって夜食の菓子パンとジュースをもって、ホテルへ。

:::全く余裕のない宿泊:::
ルートイン郡山インターで宿泊。
22:08到着。
今回は時間がないので、ホテルで直ちに到着後、フロントと話し合い12:30に出発予定と伝える。
22:15フロント受付終了
22:25部屋で食事をとりながら衣服の交換を開始。
22:35湯船にお湯をためながら、フロントに家への荷物の搬送依頼
22:40湯船に入り、湯船で寝る。
23:30シャワーと浴びてベットへ。
24:28起床
24:32チェックアウト
24:33離脱

チェックアウトの時にペットボトルの水を1本お接待いただきました。本当にホテルの皆様にもいろいろとご協力をありがとうございました。
といいことは長く続かず。
まあ、これが時間制限との始まりであったのです。
実はこの時点で‐20分前後の時間借金の出発でした。

:::おもわぬところで峠があったのね:::
国道49号を福島県平田向けて走るのであるが、そこがだらだら登り、登坂車線があるようなところもあり、峠でした、この‐20分をカバーするために予想外でしたが、PCだったらTimeのぎりぎり2時32分で、通過チェックポイント7-11福島平田店に。

:::広域農道の坂地獄と睡魔の地獄:::
さあ、星空を見上げると満天の星空。これには感動そのものでした、もう夜半過ぎなので冬の星座が表れていました。
きれいだったあ。でも、アップダウンはつづくのです。15回ぐらい上り下りしたかな。途中まではブルべの2人で真っ暗の中を道を照らしなが、いろいろと話って楽しいライドでした。ただ、これだけだったらいいのですが、睡魔がすごく、登りまで影響されてきた。これ座ったら朝まで寝てしまうので、立寝で6回実施。そして、とどめの戸中峠。ここは着実にのぼり。PC6へ。

PC6 7-11那須伊王野店(464.2㎞ポイント) 6:25ぐらいに到着かな。出発時点で貯金5分。
:::Over-runと睡魔+日照り:::
また、いろいろと睡魔でふらついたりと危険そのものなので、時々止まっては立って寝る。
これで、100㎞を凌ぐ。ただ、日照りが。途中ペットボトルをかって水浴びして。難を凌ぐ。
Over-runは市貝エリアで2㎞程度。すぐに修正できたのでよしとしよう。
リンリンロードも助かりました。すべて木陰ができていて直射日光を触れる機会を少なくしてくれた。
PC7-11つくば桜柴崎店(573.8㎞ポイント)へ。
すでに戦意消失。しかし、食欲あり。ラーメンサラダをたべて、ラストの31.7㎞をたらたらと走ろうと決意。

昼間だとこんな道だったのねと思える。2晩前の霧の中のルートがよみがえる。
本当に最後はやっとのことでゴール。
7-11 取手新町三丁目店(605.5㎞ポイント)
ゴール 7-11 取手新町三丁目店
ゴール 7-11 取手新町三丁目店 posted by (C)Supple

あとは道の駅しょうなんのゴール受付。みなさん笑顔で迎えてくれてとてもうれしかったです。
Gakさんもいたので挨拶して。スープもいただいて、安孫子から輪行で帰宅。

実は帰宅中にガクッと寝てしまったらしく、激しく態勢をくずして恥ずかしかった。
自宅についたのは20:00。

総評としては、眠気は危険。だた、このことに尽きる気がします。
もうすこし余裕をもって挑みたいね。やはり観光情報まで全部見ての出場がたのしいはずなので、今後はもう少し準備しようと思うのでした。
ちょっとグルメがなかったなあと。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん、SNSで応援いただいた方も含め、アドバイス・声援・応援をほんとうにありがとうございました。
無事完走できたのも皆様のおかげです。

日記をお読みいただきありがとうございます
さあ、喜多方の旅はかなりハードでした。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

tb 0 : cm 4