FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

関東のいずもさん(出雲大社 相模分祠@秦野) 

2019年9月1日訪問
関東のいずもさん 明治21年に出雲の大神のご分霊を鎮祭してからに始まる。
本殿はミニのしめ縄があり。威厳がある感じの明るい神社である。大国主大神がまつられている。
出雲大社 相模分祠
出雲大社 相模分祠 posted by (C)Supple
神社に巫女
神社に巫女 posted by (C)Supple
出雲大社
出雲大社 posted by (C)Supple
その他、祖霊社や龍蛇神の社などがある。龍蛇神の社には名水がわき、ゆずりの水といあわれお水取りにくるほどになっている。
写真で見るとこんなかんじ。湧水が小川を作り森にながれていく。この小川と社がとても神聖にみrた。
龍蛇神の社
龍蛇神の社 posted by (C)Supple

また、その境内の左隅には八坂神社があり千年ケヤキがある。これがまた立派で存在感がある。写真を撮ったら社の存在感がまったくなくなった。
神木と八坂神社
神木と八坂神社 posted by (C)Supple
八坂神社
八坂神社 posted by (C)Supple

またそのわきには御嶽神社があり。ここは出雲とも思える神社に囲まれている。
御嶽神社
御嶽神社 posted by (C)Supple
裏手には小田急線が走る。耳を澄ますとすぐに電車の音が聞こえる。
島根の出雲大社とは全く規模は違うが分霊ですからご利益は大いにあると思た。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 神仏閣

Thread: 神社・仏閣

Janre: 地域情報

Tag: 神奈川  自転車  神社 
tb 0 : cm --   

すごく変わったつくりの武州柿生琴平神社(川崎市) 

武州柿生琴平神社に訪問。
ここは天照大御神、大物主神がまつられ、天照大御神は伊勢の神宮の神様、大物主神は四国讃岐の金刀比羅宮の神様です。
本殿は小高い丘にあり。この御社殿は平成十九年に放火により焼失。その後、平成二十三年に新しい御社殿が誕生した。比較的新しい社殿。なんとなくういういしさを感じる。
琴平神社 本殿への階段
琴平神社 本殿への階段 posted by (C)Supple
琴平神社
琴平神社 posted by (C)Supple

そして、儀式殿が別の場所、本殿の丘の下にあり。道路を横切らないと行けない。本殿とは独立してある大鳥居をくぐったところにある。以前に来たときはここが本殿だとすっかり思い込んでいたことを思い出した。ただただ、大鳥居の存在感に気づくだろう。儀式殿も参拝する。そして、この聖域には銭洗い弁天や大黒様もある。
琴平神社鳥居
琴平神社鳥居 posted by (C)Supple

儀式殿のあたりにはたくさんの人がお祈りしたのである雰囲気があり。参拝処と思える場がある。銭洗いもさっそく銭を洗い。お昼の食事代に消えていった。お金は巡りもので使ってなんぼですからね。なんて思いつつ境内をまわる。そして、儀式殿横で朱印をおもらって帰る。なかなかよい気が流れている場所でしたよ。
また、朱印の琴〇の朱印が印象的でした。
琴平神社御朱印
琴平神社御朱印 posted by (C)Supple


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 神仏閣

tb 0 : cm --   

神木に向かっていく龍がいた(高蔵寺@三輪 町田) 

2019年8月9日
町田市の三輪にある。最寄駅だと鶴川駅の丘の上にあるお寺。駅からだとバスでいくところ。
この高蔵寺は東国花の寺でもあり。北原白秋も訪れ「高蔵寺しづかやと散葉眺めゐて梢の柿のつやつやしいいろ」と境内の情景を詠みあげている。 きれいに造園がされており、花を見に行くのはよいところであった。
このお寺の門もかなりきれいです。本堂は写真がないけれどその奥に流木の龍があり。神木もあり。その背景が水墨画の龍のように見えた。龍の解説もあるが、下の写真のアングルで見ると龍が神木に向かって飛ぶようにみえた。妄想的ですが。
大日如来をご本尊とする歴史あるお寺のようです。600年以上は歴史がある。意外なところで面白いお寺を見つけた。
このときはちょうど植え替えの時期でありあまり花はなかったが、秋にでも花をみにいってもよいお寺であった。
高蔵寺 山門@町田市三輪
高蔵寺 山門@町田市三輪 posted by (C)Supple

流木の龍 神木(樫の木と椿の木が絡む)
流木の龍 神木(樫の木と椿の木が絡む) posted by (C)Supple

大日如来 高蔵寺
大日如来 高蔵寺 posted by (C)Supple

高蔵寺
高蔵寺 posted by (C)Supple


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 神仏閣

tb 0 : cm --   

木々が取り囲む神社(鵠沼皇大神宮) 

2019年8月4日訪問
鵠沼の地で1000年以上も前からあるこの神社。藤沢にこんな神社があったのね。延喜式神名帳 式内社でもあり。奈良時代以来現在の藤沢市の 内、藤沢、西富、大鋸、鵠沼、辻堂などの相模国土 甘郷(とかみごう)の総社となっていたらしい。また、烏森神社とも通称で呼ばれている。
鵠沼皇大神宮 由緒
鵠沼皇大神宮 由緒 posted by (C)Supple
参道もあり。鳥居が3つある。今や住宅街の中であるが、第一の鳥居を抜け、参道を通ってみるとなるほど厳格な空間であった。そして短い参道をあるき第二鳥居へ。
皇大神宮 第一鳥居
皇大神宮 第一鳥居 posted by (C)Supple
その先は境内が大きく広がり、お祭りの山車の車庫がある。ここは8月のお祭りには9個の人形山車がみられるとのこと。山車を一個でもみたいなと思ったら、まだ、飾る前の山車をみることができた。ちょっとラッキーだったかな。17日に今年はあるらしいがその準備のためだろう。
皇大神宮 山車
皇大神宮 山車 posted by (C)Supple
朝6:00であったからなのかわからないが、参拝客はいるもので。しかし、この場の静けさを体験できた。
そのあとは大きな第三鳥居をくぐって本殿へ。
皇大神宮 第三鳥居 本殿
皇大神宮 第三鳥居 本殿 posted by (C)Supple
なんといっても、
天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
天手力男命(あめのたぢからおのみこと)
天太玉命(あめのふとたまのみこと)
天宇受売命(あめのうずめのみこと)
石凝刀売命(いしこりどめのみこと)
これだがまつられている。天の神様勢ぞろい。
ご利益ありそう。
かつ、神木は樫の木があり。五本。こちらは中央の木が折れ、その間から新木がでたところからパワースポットらしい。偶然、朝日に照らされていたのでより神秘的に見えた。
皇大神宮 神木
皇大神宮 神木 posted by (C)Supple
なにせよなんとなく癒し空間にも思える。どちらかいうと身の汚れを落とした気持ちになれたのが印象的でした。
さて、あまりに朝早すぎて御朱印はおあずけ。次回朱印をもらいに行こう。


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 神仏閣

Thread: 神社・仏閣

Janre: 地域情報

Tag: 自転車  神社  神奈川  藤沢 
tb 0 : cm --   

やっぱりいつみても圧巻。招き猫。(豪徳寺) 

7月13日 役目を終えた招き猫を返しに豪徳寺へ。
相変わらずの招き猫の多さ。
豪徳寺 招きネコ返し。
豪徳寺 招きネコ返し。 posted by (C)Supple

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 神仏閣

tb 0 : cm --