FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

(完走)夕日の滝に癒された。そしてBBQ(2019BRM1005西東京200金太郎) 

BMR 1005西東京200金太郎に参加した今回は新雛鶴経由から道志みち経由に変更となり。忍野にいってそのあと籠坂峠、足柄峠、中井の高速の側道、国道1号、そして、伊勢原を通り、土山峠を通り町田ケルビムに戻るコースだ。今回のコースはとても路面状態もよく走りやすかった。富士みちがなくなったのはストレートが減って走りやすい感覚があった。


スタートはいつもの公園である。スタート 7:00ブルベにしては遅めのスタート、100人近くのメンバーがいるようでした。公園のサイクリストの数は半端ない。6:20スタート地点に到着。出走のサインをしてあとはスタッフの皆さんに挨拶してからコンビニへ。そしてモグモグタイムを開始。始まる前ですから、おにぎりパンの炭水化物なのだ。ここには流儀がある。おにぎりを最初に食べる。そのあとにパンを食べる。これは消化スピードに合わせた食べ方である。ただ、失礼も承知でブリーフィング中も食べ続ける。これはとてもお行儀が悪い。当然、参加者にもかなり見られていたようだ。スタート30分前の食事はとても重要なのでお許しいただきたい。このつかの間の参加者に挨拶して、流れ作業のように車検を受ける。そしてスタートするのだ。
7:00 スタート 根岸からさわ公園
今日は最後尾のスタートとというよりは中盤でスタート。最初から長蛇の列が形成されている。R16を横切るところは渋滞ですよ。信号待ち1回。これでは思い。抜いたり、距離を調整したりで走るが、つぎの集団に出会う。道志みちの手間辺りまでは渋滞があった。気持ち的に単独で走りたい気分にかられた。そして青山交差点で道志みちに入るところで少し間引かれた。アップダウンが始まったおかげで走力の違いで分散化。青野原の7-11までは順調。あとはすこし神奈川エリアのところは少し遠く感じた。
途中は、最近のニュースで流れた小学生の行方不明となったところの紅椿温泉の看板の前も通る。やっぱり通ってみるとあまりひとの気配がするところではないなあ。などと思いながら走り。ある程度ゆったりと道の駅まで走る。道の駅にはよらなかった。やっぱりいつも通り混んでいる。その中にたくさんの参加者が休んでいた。それを横目に進む。ただ、少しお腹がすいてきたので、R413の山伏峠に上る最後のコンビニ ヤマザキのコンビニで捕食。アンパンとコーヒーだ。峠の登り途中でガス欠はまずいしね。このケアはとても有効だった。
捕食@ヤマザキショップ道志白井
捕食@ヤマザキショップ道志白井 posted by (C)Supple
コンビニ前にラックがあったのでそこに止めて、その近くでコーヒー牛乳をがぶ飲み。途中せき込んで鼻からコーヒーを出してしまったが何事もなく飲み干し、そのあとアンパンを半分食べて、山伏峠に挑む。この時間もゆったりとしていたなあ。でも、何名かに抜かれたなあ。こうやって外で食べていても皆さん参加者が挨拶してくれるのでうれしいものだ。基本、亀モードでたくさんの方に抜かれるつつ山伏峠に到着。なんでこんなに遅いのかと思いつつ上る。トンネルを抜けたところが山中湖村だ。
山伏峠
山伏峠 posted by (C)Supple
ここから平野の交差点まではくだり。40㎞/hでの滑走を楽しみながら降りていく。ドッカンと富士山を眺めなら。途中、ローソンがあるがそこを覗くと、たくさんの参加者の方が止まっている。PCかと思えるようなあ。今回は途中休憩が多いなあ。と思いつつ。スタートからPC1は73.9㎞と比較的長めだからでしょうか。こちらも休んでいるんだし同じかあ。よくよく考えるとAOBAもこのコースをこの日は走っているのでそれが影響しているのかもしれない。
富士山と山中湖
富士山と山中湖 posted by (C)Supple
この日は本当に天気が良く富士山もよく見えた。雲があるものの非常に良い天気。いつもの山中湖の定点で撮影。良い天気は気持ちがいいもので、22℃と心地もよい。そして忍野のPC1へ向かう。思った以上に時間がかかり。貯金が30分程度かあと。
11:06 73.9㎞ PC1 7-11忍野内野店
ここで山梨県限定吉田うどんを食べる。時間がなく、途中にあった吉田うどんのお店 いなかに寄らなかった。そのため、ここでこちらを食べて出発。へ。これが昼食と思われるかもしれないが、そのあとのパン屋があるのでこの程度で出発。
吉田うどん7-11
吉田うどん7-11 posted by (C)Supple
このときにIさんにあったり、Wさんにあったりした。そして、AOBAに参加しいてるHoさんがこちらのコースと逆方向に走っていくのが確認できた。あっちは気が付いていないが。
このPCのあとはわりと雰囲気のよいエリアがつづく、山中湖への戻りは花の都公園があり。花が年中楽しめる。今回は秋のコスモス(オレンジフレア)が咲いていた。一部参加者も写真を撮っている。
花の都公園
花の都公園 posted by (C)Supple
そのあとは山中湖湖畔道路の裏手エリアに入って別荘街を走る。こぼれ日を受けながらサイクリングは絶妙な癒しを与えてくれるそして、坂は上りですがなだらか。そして、籠坂峠まで登れるのが素敵です。高原にいる心地にさせてくれる。あまり負担もなく登れてしまう。
籠坂峠
籠坂峠 posted by (C)Supple
そして、足柄までひたすらくだりが待っている。あとはダウンヒルだあ。特に須走までは滑走できるとスムーズに下りていたが、今回は途中工事で車線規制があり。途中でストップ。結構な待ち時間があった。多分登りの車の街である。その時間待ちの不満を言っている方もいるが集団なのでしょうがない。ただ、「もう少し黙って待てばいいのにと思うぐらい遅い。遅い。」という。こっちもいやな気持になる。これでは相手の感情のダークサイドに落ちてしまうので、いまは休憩時間と考えてストレッチとかしながらいままでの部分で身体の調子がないかのチェックをしてゴーサインが出たら滑走開始。なぜか自転車の調子もよくかなりスピード出せていた。そして須走へ。ここからは去年とコースが違う。ただ、すごく走り心地がよい路面状態の良いコースだ。途中は林の中に入ったり農地のエリアを走ったりと目に楽しいエリアだ。その途中に手造りハムAndoがあるのでここで2回目の昼食。そして、このあとも走り直し足柄駅前まで。そしてPC2に到着。
12:50 102.7㎞ PC2 橋本屋
ここからは足柄峠。実はこの峠はあんまり好きでない。途中ばてたり。昨年は悪路だったりでイメージが悪いが今回はなぜかすんなり楽しく登れた。エンジンが軽くなったからであろう。ここから7㎞弱は登りということでゆっくりまったりと急がずに上る。こんな調子で早く登れる人を羨みながら。ふー。ということで足柄峠。まだ緑が青々しているためか。金時山が遠くに見える。
足柄峠に金時山
足柄峠に金時山 posted by (C)Supple
ここからは下りなので、峠を越えた余韻に浸ることなく下りに。ここがかなり急な九十九折の下りだ。いつものとおりバイクの運転のようにヘアピンを回り、あまりブレーキでホイルに負担を与えないような走りをしたことでスムーズにこの下りをおりることができた。下り終えて、夕日の滝 ezBBQバンガローで有人チェックを受けにいく。これがいつものとおり無駄に登る。そこは難なくついてチェックをしてもらう。あといつもの定番のBBQをスタッフからのお接待をうける。フランクフルトに焼き肉においしかったあ。828さんいつもありがとうございます。
そして、今回のメインである夕日の滝に癒されるために、今回初めて訪問する。バンガローの細道を越えて、キャンプ施設を横切り、そして小高い小さな丘を乗り越えるとそこに夕日の滝がある。手前に社もあり不動明王かな仏像もあった。そこで拝んでから、身を清めた気持で夕日の滝を拝見。美しい滝でした。絵になるような滝でした。ここは滝行もするらしく神聖なばだったようです。白装束の方がこの日も滝行をしたそうです。スタッフ談。もどるとブルベ太郎さんも応援に来ていた。ご挨拶をして出発。
夕日の滝
夕日の滝 posted by (C)Supple
金太郎の歌の碑もあったよ。
金太郎の歌の碑
金太郎の歌の碑 posted by (C)Supple
ここからも松田までは下り基調でゆったりとライド。東名高速の側道をとおりここも割と登りが続く、ここを通ってあとはまっすぐR1まで、これが中井から結構、スピードが乗らないと思ったら向かい風でした。そのあとはいつもどおりにR1を走り、国府新宿を曲がって、
PC3に。
15:35 146.9㎞ PC3 7-11大磯国府新宿 
ここでアイスとカフェラテとマルチミネラルゼリーで必要栄養分を補給して、すぐに宮ケ瀬湖へ。途中、ぴたっと後ろにつけた方がいて少しストレスを感じながら走るがそのうち抜いてくれた助かったよ。あと伊勢原はちょうど太田道灌まつり中でコースが通行止めということで住宅街に突入して回避。なかなか面白い気がした。私はQueシート派なので、GPSの方を頼ってルートに戻る。ここは助かった。
そのあとは宮ケ瀬湖にいくために土山峠をのぼる。途中、エンストの危険性を考え、橋本屋で買ったお饅頭をたべたべ捕食しながら登るとすぐにつくことができ、宮ケ瀬湖に沿いながらPC4 へ。
土山峠
土山峠 posted by (C)Supple
17.41 181.1㎞ PC4 ファミリーマート津久井宮ケ瀬店
ここは初めて使うがスタンドとテラス席を用意してくれている何ともありがたいサービスだ。
そのあとはゆっくりと走り。ゴールまで。後半10㎞ぐらいは20-23㎞/hの低速でクールダウンをしながらゆっくりとゴールして、
19:02 204.1㎞ ゴール 今野製作所
で終了。
今回は天気も良く、パン活もできたし、夕日の滝もみれたし、BBQも食べれたし。十二分に楽しみました。スタッフの皆さん、参加者の皆さん、コンビニの皆さんなど先々の方々、大変ありがとうございました。この場をかりてお礼申し上げます。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


Category: ブルベ

Thread: 自転車(スポーツ用)

Janre: スポーツ

Tag: 自転車  神奈川  パン屋  ブルベ  町田  山梨  静岡  200㎞ 
tb 0 : cm --   

歴史散策と地理。そして関東甲信越の銀河連邦をPCにした興味深いコース。(2019BRM905東京400佐久) 

このコースは面白かった。初めて通る道も多くて。DNFしたけど、走ったことないルートは走破したから満足。
久々の400であったが練習もなく突然の実施は無理があったかあ。今年は散々な結果だなあ。こういう年もあるかあ。
最近は完走より楽しむかの傾向が強すぎてこまるなあ。ということで歴史のお勉強ライドでも書くかあ。
スタート地点までは自走。いわゆるスタート遅延前の休憩中だ。まだ、5時45分ごろだったかな。
でかけようとするとあのDNFを呼んだあのシーンと一緒。運転手が車の中で朝ご飯、そしてワゴンタクシー。これぞかおタクシー。
でも、雨はまったくない。乗りたい気持ちは我慢して。しかし、思考だけは。ということはこれはDNFの啓示かもと思いながらスタート地点に向うのでした。案の定予言のごとくDNFをするのであるが。
黒塗りワゴンタクシー
黒塗りワゴンタクシー posted by (C)Supple
スタート地点は等々力
さて、スタートは6:00ですので、5:30に到着。すでにたくさんの方々が集まる。みなさんにあいさつしながらすごすとすぐブリーフィング。
スタート地点@等々力
スタート地点@等々力 posted by (C)Supple
そして6:00に出発。

立川を通る。
広域防災基地のある場所だあ。それを横目に通りながら、大災害の拠点になるらしい。シンゴジラの映画の時もここに内閣府の対策本部が置かれた。なんとも広い土地。終戦間もなくは連合軍が占拠して、アメリカがそして、1970年に日本に返還された。こんなに余裕がある土地は都市部ではあまりないはず。まだ、厚木基地はアメリカだしなあ。そういうエリアを通って、青梅街道を向って、田舎道をいくと八高線と並走しながら走っていく。途中、高麗神社などを通って朝鮮由来かこの地名のところを通り進んでいった。この辺りからかなり暑さ感じるようになってきた。
「水を飲みすぎるとおなかに負担が来る」といっていたほかのライダーのアドバイスもあり。空冷できるようにボトルの水を身体に流すようにしつづけた。そして、飲む水も考えながら、水浴び分も考慮に入れていかにも夏らしい自転車乗るときの発想でした。むかし気温39度を表示していた道路をブルベで走っていてにわか雨に救われたことあったけ。ということも思い出していた。
笛吹峠
まだまだこの辺は午前中でも日照り続きの道を走りながら、鳩山町から嵐山町とを結ぶ、笛吹通り(旧鎌倉街道)に入り、笛吹峠へ。低い峠である。サイクリングで林の中を素敵に走れる道。この場所は歴史的には、
1352年(正平7年)、新田義宗(新田義貞の三男)と足利尊氏の最終的な決着がついた「笛吹峠の戦い」が行われた場所でもある。そのためか、この場は戦場で心霊スポットとしても有名。
嵐山町へ下ると将軍澤と呼ばれるエリアがある。そこに将軍神社がある。これはなにか。征夷大将軍坂上田村麻呂を祀ったものである。坂上田村麻呂は奥州遠征の時にここで一夜を過ごし、その時陣営を示す旗を立てた塚にこの神社を祀ったと伝えられている。いわゆる平安時代の初めに奥州に向かう幹線路がこの辺りを通っていたことをうかがわせる。まだ、里山も残っており当時の雰囲気を偲ばせる場所だ。なんとも歴史的幹線道路だったはず。今でいえば国道4号線かな。平安時代からの足音が聞こえてくるようだ。そしてときには軍勢の列もあったと思うとワクワクしてくる。
笛吹峠
笛吹峠 posted by (C)Supple
八高線の沿線へ戻る。
小前田駅の前を通ったので写真を八高線ののんびりとした駅です。前年に「お前だー。」とだれかがやっていた写真を思い出す。こういう単線の電車の駅はさみしく感じるもので駅舎となにも変わりない時間を感じさせる。ただ、ここの目的は写真だけなので、なんとなく通過して、そして、ガリガリ君の工場脇を通って、PCの児玉に。
JRおまえだ
JRおまえだ posted by (C)Supple

11:15 PC2 ファミリーマート児玉店へ。

藤岡市西平井
ここを通過するのですよね。看板が気になったのが関東管領の山内上杉家のお城である平井城があるところ。この上杉家も曲者で、鎌倉時代の上杉四家で構成する同族で小田原の北条氏が登場するまで関東の政治戦を繰り広げていたから詳細は知らないが、関東管領では山内上杉が担っており、北条に責められた上杉憲政は越後の長尾景虎のところに亡命して、管領と山内上杉を譲渡したことはとても有名なところである。ここが居城であったところから、新潟へ逃げるのも一苦労であっただろうことが想像する。いまはその面影はないがかなり人が集まっていたのであろう。と自転車を乗りながら想像していた。ここから自転車は山間の丘越えが多くみられはじめ、ゴルフ場も多いエリアで甘楽に入る。
甘楽
甘楽といえば城下町で、小幡藩2万石の城下町。こんな小さい藩できれいな庭園の楽山園にいきたいところであるがそんな時間はないので休憩所へ。これがなんとも風情のある古民家で信州屋というなかなかよかったなあ。ここには観光案内もあり。群馬サファリパークや富岡製糸場ってこの辺なのねと実感。
上野甘楽郡といえば織田信雄の四男で信長の孫にあたる織田信良に任せ小幡藩を立藩させた。信長の孫という経緯から特別に国主格の待遇が与えられ、第二代藩主で信良の次男・信昌の時代には藩政の基礎が固められた。信長の子孫がいたりと。歴史もあり。なかなか興味深い。だから、このエリアに楽山園があるのね。普通、後楽園、偕楽園、兼六園など大きな藩に作られるものとばかり思っていた。
南牧
ここから少し走ると群馬県南牧村がある。世界で一番高齢化が進んだ国で、一番高齢化が進んだ自治体である。うーなんとも古い木造建築の建物も多い。また、空き家も目立つ。なぜか田舎の風景を堪能してしまった。そして道の駅オアシスなんぼくで休憩。
到着 道の駅オアシスなんほく
田川峠
ここが長い坂ではあるが激坂はなく単調に登れば楽にいけるところだった。
途中前半にそれとなく急に激坂ではない程度の坂はあり。無事登り切った。
2019年9月7日 16:48と打刻あり。まあ、1時間は貯金があるし、佐久まで滑走だあ。

田口峠
田口峠 posted by (C)Supple

佐久
佐久といえばやはりこの近辺の野辺山含む宇宙にまつわる施設が多い。
この佐久は銀河連邦という5市2町で構成されるものがある一つ。このコースにはここと相模原が入るのだ。
そして、銀河連邦の本部は相模原にある。
ちなみにみんな国名があるとは知らなんだ。知ってた
北海道広尾郡大樹町 タイキ共和国 大樹航空宇宙実験場
岩手県大船渡市     サンリクオオフナト共和国 三陸大気球観測所(閉鎖)
宮城県角田市     カクダ共和国 角田宇宙センター
秋田県能代市     ノシロ共和国 能代ロケット実験場
神奈川県相模原市   サガミハラ共和国 相模原キャンパス
長野県佐久市     サク共和国 臼田宇宙空間観測所
鹿児島県肝属郡肝付  ウチノウラキモツキ共和国 内之浦宇宙空間観測所
ということは銀河連邦のサク共和国を通ったわけだ。なんだか宇宙旅行の気分になる。このあたりで野辺山に向かうところで夜になるのでより一層、宇宙気分にさせてくれる。
そして、それが影響したのか。龍岡城があり。龍岡五稜郭とよばれスターの形をした要塞が幕末に作られたそうだ。近所を通ったのですが、こういうものは現場に行っても実感できないのでスルーしたが。銀河連邦の一つの佐久らしい。未来を予測していたのだろうか。
野辺山
佐久の続きだが野辺山を上っているとき想像しながら走っていたので、上り坂が完全に夜間飛行のように思えてきた。車が来なくなると真っ暗。あとは自分のライトだけ。何とジェットストームの城達也のミスターロンリーが頭に流れてきたのは笑えた。そのあとはANAのデータソングだったAnother skyが。あのさあ。なにをFrightでなくてRideだよ。なんて頭の中で会話している。
このだらだら坂を上るとあとは清里から韮崎のくだり。かなり眠気が強いので1回休んだが。そのあと滑走。まだ9時台で眠くなるのははじめてであった。最近、短時間睡眠状態だったことを後悔した。
韮崎
そして、韮崎に向けてそろそろフラットになるころにこんなものが浮き上がる。赤の鳥居そして、甲斐源氏発祥の地とあり。武田八幡宮だあなあ。いったことがないが。こんなものが夜の闇に浮かんでくる。鳥居のイルミネーション。
甲斐源氏発祥の地
甲斐源氏発祥の地 posted by (C)Supple
そして、通過チェックの7-11韮崎高校前に。
22:07に到着。20分ぐらい寝たが。眠気が取れない。これから甲府に向かったが眠気とれないため、DNFを決定。
甲府
甲府はホテルを確保しようとしたが、11:00近くではどこも満室ということで石和温泉まで走らせる。
石和
DNFを報告して健康ランドに突入し、始発で帰宅。鉄の道の旅。石和温泉駅のホームに立つ。ホームには回送電車が、中央線には似つかないような電車が南武線車両ではないですか。颯爽と去っていた。そして在来線に乗って高尾まで。そして、八王子に出たら帰宅。
中央線の在来線は久々に乗ったなあ。鉄道の旅の楽しい。お客をみているととってもたのしい。勉強している人。みんなどこにいくのか。会話も聞こえてくるし。こういうのは飽きないないものだ。
石和温泉駅に南武線車両 なぜに。
石和温泉駅に南武線車両 なぜに。 posted by (C)Supple

なにはともあれ、今回のルートはDNFにはなったが、かなり楽しめたコースであった。どう考えても各所おのおのでストーリーがあったので疲れた。

スタッフの皆さん参加者の皆さんいろいろありがとうございました。楽しみであった初めてのルートを通ることは達成されたのでよしとしよう。残念だったのは完走できなかったことだけ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車(スポーツ用)

Janre: スポーツ

Tag: 自転車  ブルベ  東京  埼玉  群馬  長野  山梨 
tb 0 : cm --   

2019年の出走結果 

いまのところ。
さんざんだな。
BRM104東京300いってこい鷲羽山 完走
BRM119西東京200三浦半島 完走
BRM216東京300いってこい霞ヶ浦 DNS 雨
BRM316千葉600チーバくん DNS 準備不十分
BRM330西東京200西伊豆しおかつお達磨山・松崎 DNS 法事
420フレッシュ日本橋 DNS 仕事
BRM427東京600km浜名湖鰻 DNS 雨
BRM512西東京400㎞富士大回り DNF 体調不良
BRM520神奈川600興津 DNS 体調不良
BRM608西東京600㎞諏訪 DNS 雨


日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 自転車  ブルベ 
tb 0 : cm --   

(完走)ゆっくりと走った今年初三浦半島ライド(2019BRM1019西東京200三浦) 

今年のブルべ第2回目。三浦一周。今日は満喫しようとゆったりとライド。
しかし、装備は今日は朝が0度以下、昼間は10度以上ということでウエアの変えが必要で、そのため、装備が400㎞以上と変わらない。大荷物。
5:20 スタート受付
AJ西東京では初回のブルべ。少し挨拶をしてから。ここで朝食。卵パンとソーセージパンで、走りぬこうと。昨日、11:30まで新年会に参加していたこともあり胃が持たれ気味。アルコールは21:00から絶っていたので残っていない。しかし、寒い。
スタート地点
スタート地点 posted by (C)Supple
6:00スタート
まだ夜明け前である。このコースは真っ暗な時点で、鶴見川源流があるエリアをとおり、多摩ニュータウンのあたりを走り、尾根幹を走るルート。いたってホームなわけで。どうも右ふくらはぎの突っ張るような違和感を感じた。それも、多摩ニュータウンのUp‐downあたりで。これはまずいなあと思いつつ歩みを遅らす。電解質異常でもないし。多分、体温と気温の差が原因かあ。ということで、75%の出力に変更。そして、ペダリング数を多く、軽めに設定で乗り切る。そして稲城に入るころには大集団が形成されており。その中に。これでは自分のペースができないこととトイレに行きたくなったのでコンビニへ寄る。
7:10 21.5㎞地点 LAWSON 稲城鶴川街道店。(トイレ休憩)
トイレによる。合わせてポカリを水分補給用に購入。ブルベな方が数名ましたが、私が出発するころには消えていた。
朝日の反射
朝日の反射 posted by (C)Supple
朝焼け綺麗だったあ。眩しかったなあ。ここのお店から来たけどコンビニのトイレから予備のトイレットペーパーを盗む人が多いそうだ。かなり手を焼いているらしい。今日もその盗難があったらしい。まだ朝だぞ。
ひたすら川崎街道を走るわけで。単調で信号で疲れるわけで。
8:34 48.3㎞地点 7-11 川崎キングスカイフロント店 PC1
コッペパンとカフェラテ

このPC手前には、川崎河港水門ある。第一次世界大戦による日本の好景気による運河計画の跡らしい。計画は廃止されたがこの水門が残っている。水門の上にもブドウとももと梨を籠に乗せた装飾らしい。コンクリート製の水門。多分、昔にしたら豪勢だったのだろう。ただ、いまでも現役の水門のようだ。国登録有形文化財だそうだ。
川崎河港水門
川崎河港水門 posted by (C)Supple

PCをあとにすると産業道路で、トラックに煽られながらもゆっくりと南下。途中、鶴見川河口でR15に切り替え。
横浜に。ランドマークのところで日本丸のドックから水を抜いたとのニュースを聞いていたのでどんな風になっているだろうと思って興味深々みてみたら、いまは足場に固めらている日本丸が見えた。
日本丸 ドック
日本丸 ドック posted by (C)Supple
なんて言いながら、山下公園、山手アリアの尾根伝いに磯子エリアで。ここでお腹が空いてきた。
10:37 75.0㎞地点 LAWSON 横浜磯子東町店 (食糧補給)
おにぎりとシフォンケーキ
ええ、あんまり貯金がないなあ。そして、食べている間に5-6人抜かれ。かなり後ろを走っているはずだよなあと思いつつ。
ここからほぼ一人旅が始まるのでした。

今回は通りながら発見。駆逐艦 村雨の碑。白露型駆逐艦の3番艦として活躍した浦賀で竣工されたこともあり、碑が残っているらしい。へー。こんなところにあるのかとほぼ住宅街。歴史というものは隠れているのね。写真がのこっていない。ということで今度は撮りたいものだあ。

この浦賀あたりで走行するための時間の貯金が30分ぐらいになっていて、前後に人がいないので、ちょっと一人で急いだが。どうも後ろに人はいたようだった。しばらく28㎞/hで巡行。坂は写真の通り全然だめだけど。

三浦の上り
三浦の上り posted by (C)Supple
ただ、通常通りに久里浜も越えて、三浦海岸も越えて、三崎へ。
13:32 130.4㎞ うらりマルシェ
ここは通過チェックポイント。まあ、いつもならお店によるのだが、今日はランチをカフェでしたいので、すんなり撮影会だけしておしまい。
マルシェうらら
マルシェうらら posted by (C)Supple

いつも素通りしていた三浦市海外町。ここはリアス式海岸の浸食が激しいエリアでもあり、よく見るとおもしろい地層がみえるところだった。そして、解説付きだった地層のスランプ構造。海中の地滑りのあとらしい。また、周りにも漣痕(れんこん)が多数見えるエリア。地層マニアなら楽しいところなのだろうなあ。ただ、そこまではないけどこのスランプ構造はあまりにも芸術的でした。通り沿いなのに。

スランプ構造 地層
スランプ構造 地層 posted by (C)Supple

スランプ構造解説
スランプ構造解説 posted by (C)Supple

この辺の道は漁港とヨットの置き場と様々な景色の変化が楽しめる。面白いエリアだあ。
ヨットハーバー
ヨットハーバー posted by (C)Supple

そのあとは相模湾を沿うように藤沢の湘南エリアまでいって北上。信号峠を昔よりは緩和しているが味わいながらゴールまで。
16:03 171.6㎞地点 LAWSON 大庭大橋南店 (PC2)
おにぎりとコーラ500ml

18:03 202.2㎞地点 今野製作所(ゴール)
いやあ、かかったかかった。渋滞に信号に。かなり交通量が多く、急な左折もチラホラ。ただ、ほぼブラタモ状態になりつつある最近のブルべでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: ブルベ  西東京  三浦半島  横浜  町田  東京  藤沢  川崎  鎌倉 
tb 0 : cm --   

[完走]瀬戸内海の景色をみたくて(BRM104東京300いってこい鷲羽山)その2 

牛窓のPCのあとは昼食タイム。
PCのコンビニ前にあるキッチンかいぞく。お正月ということで獅子舞がやってきた。正月を味わう。1時間もステイ。
牛窓 獅子舞
牛窓 獅子舞 posted by (C)Supple
ちなみに冬もののジャージは脱いで走行開始。疲労軽減のためだ。4時間ぐらいであるが11度前後の気温のため、暑すぎる。
牛窓町は日本のエーゲ海だそうだ。そんな立て看板や風車の休憩所などみてそこを通り抜ける。少し走らすと、神崎へ着いた。ここがなにかスピチュアルな感じがする土地で。なにか宗教が絡んでるなあと思ったら、帰ってから調べるとほんぶしん(天理教の分派)の本部があることがわかった。やっぱりという感じ。そこの丘を越えると、岡山市街地が遠くに見える。その市街地南側を抜ける。(岡山の出張中の2:00ごろ空いているお店を探すため歩き回った夜中の昔の記憶を思い出す。)少し走らせれば田園地帯。そんな変化のある道を走る。そのあとはシーサイドというかレークサイドな感じの児島湖湖岸を走る。そして、田舎道をとおりながら、児島市街地に入る。移り変わる景色が懐かしく感じるのはなぜだろうか。とわけの変らない気持ちを抱きながら、鷲羽山に。
14:52 155.5㎞ 通過チェック 鷲羽山レストハウス
瀬戸大橋
瀬戸大橋 posted by (C)Supple
瀬戸大橋
瀬戸大橋 posted by (C)Supple
案内
案内 posted by (C)Supple
鷲羽山のトンビ
鷲羽山のトンビ posted by (C)Supple
瀬戸大橋をゆっくりと眺める。この時間は実にゆったりとしていた。トンビが頭上で円を描き。瀬戸内海の海の景色はなかなかよい。今回の一つの目的である瀬戸大橋をみることができた。まさか児島に自転車でくるとは10年前には思っていなかった。10年前は輪行で通過しただけったのに。

次の目的地は倉敷。この区間は短い。漁港、工業地帯をとって倉敷へ。
人が多い。車も多い。
16:09 178.7km PC3 ファミマ 倉敷白楽町店
ここで、ナイト装備と冬装備に変更。カップラーメンも食べて、塩分およびカロリーの補給を十分に行った。
PCでてするに美観地区なのだが、カフェでもしようと思ったが、どうも自分の路に対する自信がないものでカフェは中止。パフェは食べそびれた。姫路で明日食べようと心に誓って通過。あと、割と人が多かった、
倉敷美観地区
倉敷美観地区 posted by (C)Supple
ここから先だが、復路となり。いやあ、案の定道を間違えた。やっぱり田んぼエリアでを迷う。初めてGoogleを場所の把握のために頼る。キューシートのみで走っているので定位置の把握もあり、現状復帰に30分ぐらいロスする。
次のPCである赤穂までは70㎞以上で遠い。そこでは川沿いの路や山陽道など古い道、そして、割とアップダウンのある道を真っ暗な中でとおりながら、次のPCへ。この区間の後半はほとんど行きにとおった道なので通りの凹凸を把握できているので安定してあしれた。
21:03 257.6km PC4 ファミマ 赤穂東浜店
PCはついたけどブルべライダーにだれも会わない。完全単独。まあ、寒さ対策だけしようとプチ ジンジャーティーとコーヒーを食す。この狙いは気温が下がると思ったのでジンジャーで温めようという魂胆。見事にこのあと寒さは感じなかった。ここPCのイートインは18:00以降は使えない。ゆったりすることもできないのでさっさと先に進む。
このあとはすぐに高取峠で、アウターで登れた。どうも疲労もなく、朝よりも快適に登れる。途中3匹の鹿に眼つけれた。ブルべ中にひさびさに獣にあった。冬でもいるのね。そして峠を乗り越えるとはりまシーサイドロードへ。往路で通った道をもどり。
みつ道の駅に戻る。真っ暗、なぜパトカーがいる。
22:30 281.4㎞ 通過チェック 道の駅みつ
道の駅みつ
道の駅みつ posted by (C)Supple
途中、お腹がすいた低血糖になってはまずいのでマックへ。チーズバーガーを補食。あと12㎞なのだが、11時ごとだったのですでに閉店しかけている。
あれ、それ以降、キューシートの曲がりの方向があやまりがある。不安になるが突き進む。
途中、山陽本線の踏切でサンライズ瀬戸にであう。なんか寝台車っていいよなあと羨ましく横目で見る。そうかあ。もうこんな時間かあ。と私に感じさせながら、東京方面へ闇の中に走り去っていった。
そこでブルべライダーに会い。ゴールまでごいっしょさせてもらった。
23:52 300.8㎞ ローソン 姫路西新在家店
そのあとはゴール受付で、納豆ご飯を食べてブルべ活動は終わり。体力的には温存した形で疲れもなくできたが、少しペダリング方法が悪かったか。右アキレスけんが少し違和感があったのみ。まあ、年始1回目にしては問題ないかな。
0:30過ぎぐらいにコインランドリーへ。そして、2:30に宿で睡眠で、この日は終わった。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 自転車  岡山 
tb 0 : cm --