06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

突然のかき氷食べにでも炎天下(7月14日) 

PIPIさんとけーこさんと3人で大山の清水屋を集合でかき氷を食べに。
けーこさんは連日、最終のお客で、朝は一番乗り。リピートまでの期間の最短を記録しているかもしれない。
9:00待ち合わせで、8:00に到着とのこと。お世話になりました。
おかけげで美味しく余裕でかき氷にありつけました。
しかし、もう9:00の時点でじりじりの暑さ。ある意味殺人的でした。

さあ、家から直行ということで、最短の道でいく、ただ、途中、お腹がすいたのでマックで朝マックしてから、かき氷屋へ。

朝マック パンケーキ
朝マック パンケーキ posted by (C)Supple

厚木をすぎて、大山方面に、これぞ分れ道という交差点。厚木、宮ケ瀬、伊勢原、大山と折れた方向で行くところが違う。興味深いネーミング。そのままだけど。
分れ道という交差点
分れ道という交差点 posted by (C)Supple

そして、大山に行くための旧道をひたすら上る。途中、参道三の鳥居。たしか、一の鳥居は伊勢原駅前なんですよね。
大山阿夫利神社 参道三の大鳥居
大山阿夫利神社 参道三の大鳥居 posted by (C)Supple

私は8:40に到着。結構、暑い。もう自転車は満足って感じ。
すでにけーこさんは並んでいてくれた。えらい。そして、PIPIさん。ぴったり9:00に登場さすがです。
清水屋さん
清水屋さん posted by (C)Supple
IMG_20180714_085536
清水屋到着 posted by (C)Supple

今回、黒蜜きなこミルク。さらさらな氷が解けるたびにきなこが落ちまくるきれいに食べるには難しい代物です。
黒みつきなこミルク
黒みつきなこミルク posted by (C)Supple

このあとそば屋との話だったので、板そば食べに厚木まで、ちなみにこんなに暑いのに大回りで、七沢、飯田経由で厚木市内の蕎麦屋へ。結構、おいしく食べれましたよ。
板そば+夏野菜汁
板そば+夏野菜汁 posted by (C)Supple

そのあとは当然帰宅。暑かったあ。だめだね。30度以上は危険を感じる。ただ、そのあとにパトロールと言いつつ宮ケ瀬まで登る方もいたけどね。

ルートは以下の通り。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 自転車  神奈川  かき氷  そば 
tb 0 : cm --   

この日はデブ練だったのだけど、。(7月8日) 

やっと書けた。
7月7日のブルべは雨予報に翻弄されDNSで、袋田の滝にいけず。来年だな。
気を取り直して、デブ練だあと思いながら。7月8日。
横浜の金沢柴町のパン屋でブルべな方。わか夫婦とPIPIさんとなーちゃんとDTさんとYさんとまこたさんと総勢8名のデブ練。
Produced by PIPIさんで、どうも最短コースでグルメポイントを結んでいるらしい。
集合場所まで36㎞。
6:30に出発。実は平塚経由は初めてでした。景色が新鮮でとても楽しかった。使える道と思えた。8:30には金沢あたりに着くので、結構、お気に入りのコンビニ。幸浦町のファミマで朝食。この倉庫跡地の作りがなんとも言い難い居心地の良さを感じる。
幸浦のファミマ
幸浦のファミマ posted by (C)Supple
そしてブレーメンのパン屋で合流。パン屋で思い思いのパンを食べて集合の時をすごす。
ブレーメン
ブレーメン posted by (C)Supple
まずは江川食堂へ。9:00は過ぎているものの、もうすでに熱い。横浜ベイスターズの練習場をとおり、練習はしていたみたい。
そして、JR横須賀駅へ。
JR横須賀駅
JR横須賀駅 posted by (C)Supple
公園から港を見ると輸送艦おおすみが着岸していた。この次の日に呉に西日本豪雨の支援のため補給物資を運搬したようだ。
きわめて旬なお仕事をしていたようだ。
おおすみ 輸送艦
おおすみ 輸送艦 posted by (C)Supple

この猛暑はこまるものの横須賀をすぎ、よこすか海岸通りへ。そして、観音崎へ向かい途中でショートカット。防衛大学校の坂を上る。これが意外と足に来る坂で、比較的長めの坂で。この暑さもあり少し答えた。今日はオープンキャンパスだったのか、親子連れがたくさん出てきていた。

防衛大学校
防衛大学校 posted by (C)Supple
登りが終わるとこんな姿が出てくる。そして、反対側の丘を降りると鴨居へ。
すぐに江川食堂へ。まだ、オープン前でしばらく待ち。開店と同時にオーダー。開店からまっているのは私たちだけでした。
待っているときにお散歩中か。ゴールデンレトリバーが海で泳いでいた。対岸の房総の鋸山と青い空と合わせて、絵になったので撮ってみた。犬が泳ぐ姿は写真の左下の砂浜よりのところでみることができるよ。拡大するとよくわかる。
鴨居の海岸と泳ぐ犬。
鴨居の海岸と泳ぐ犬。 posted by (C)Supple
そして、しっかりとミニざるそばとミニかつ丼で昼食をいただく。
昼食 そばとかつ丼
昼食 そばとかつ丼 posted by (C)Supple

次は佐島のソフトクリームショップへ。ショートカットをしながら、アップダウンを辛抱し。関口牧場へ。大きなソフトクリームを食べる。結構お腹がいっぱいになるもので。クールダウンにもつながる。
佐島のソフトクリーム
佐島のソフトクリーム posted by (C)Supple
そのあとは湘南国際村を海側から上る。旧道を通って、関根不動によって体をクールダウン。ちなみにしばらくしてから、おじさんヤンキーぽい集団が車2台で乗り付け、ここで水あびを開始したので、すぐに離脱。なんとなく関わりたくない人だった。まるで野生のジャングルの水飲み場のようだな。ライオンの群れが来るとシマウマの群れが去っていくような。
関根御滝
関根御滝 posted by (C)Supple

ちょっと怖い思いはしたものの湘南国際村を後に、そのあと山側のルートを降りて、長いトンネルを抜けると事件が発生。なーちゃんワープ事件が。ショートカットをした一部のクルーをトンネル内の事故と思い確認にいってくれた。トンネルも2㎞もあり、あらら、心配させてもう分けない。これもTwitterでだれもいないとつぶやいてくれたのであ、そこにいるのかとわかるわけで、現代の所在の確認の仕方の典型をみる。


そのあとにメインの日の出園で抹茶ミルクをいただく、とてもおいしかったです。また、このお店は不思議な景色で、谷のうえにあるらしく、うっそうと茂った木々と住宅街がみえる。まるで峠茶屋のようにも見える。お店の窓からの写真。
抹茶ミルク
抹茶ミルク posted by (C)Supple

山林と住宅街@逗子の裏手
山林と住宅街@逗子の裏手 posted by (C)Supple

ところで住宅街であの行列はなんだったのだろう。サイクリストが1列にならぶ。車待ちか。集団DNFかあ。北海道のジャージ、LELのジャージの方。ただものではない感ありあり。どうもスマホをみているよだけど。Pokemon Goかあ。この集団のあとは定かでなし。
みんな何を待っているのでしょうか
みんな何を待っているのでしょうか posted by (C)Supple

わずが60kmの間にスイーツ1軒、食事 1軒、パン屋系 1軒をよるわけでしたが、結局、町田から戻るまでの距離は120㎞強ということはデブ練というよりは普通のサイクリングという感じで、結局、1㎏減量で終わった。(笑)



日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 神奈川  ソフトクリーム  パン屋  かき氷  定食  三浦半島 
tb 0 : cm --   

梅雨の中休み。みんな外にでていたんだね。@鵠沼海岸(2018年6月17日) 


2018年6月17日訪問
鵠沼海岸へ。ちょっと時間があったので、2週間ぶりに自転車に乗ってみた。パン活のあと、ちょっと足を延ばして、鵠沼海岸へ。パン活はあとで書きます。折角だから海岸線まで。
あれ、鵠沼海岸のこの時期ってこんなにサーファーがいるの~。

江の島方面をみても、茅ケ崎方面をみても。すごいサーファー。地元のサーファーの方も、「こりゃあすごいな」といっていたぐらい。
帰りは境川のサイクリングロードを久しぶりに使ってみた。信号がないからいいなあ。
しかし、川沿いの遊歩道も自転車多かったあ。「こりゃあすごいな」と思ったぐらい。

昨日はくもりだったが心地よく暑くもない。みんな外に出たんだな。

サーファーばっかり鵠沼海岸
サーファーばっかり鵠沼海岸 posted by (C)Supple


どっちを向いてもサーファー@鵠沼海岸
どっちを向いてもサーファー@鵠沼海岸 posted by (C)Supple

日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 自転車  神奈川 
tb 0 : cm --   

横浜って洋式競馬の発祥の地だったんだね(2018年5月20日) 

時間ができたので横浜まで。

まずは山下公園に。やっぱり船の見える公園はいいよね。この日はレガッタの試合のようでした。
そして、たくさんのサイクリストもいらっしゃいました。公園内は自転車侵入禁止のため手押しで移動。
横浜港
横浜港 posted by (C)Supple

少し離れて、山下公園内ですが、バラ園へと噴水へ。
山下公園
山下公園 posted by (C)Supple
バラ園@山下公園
バラ園@山下公園 posted by (C)Supple

横浜港の船を見るのは楽しい。また、花も鑑賞できる。いいところだよなあ。
そして、馬の博物館まで足を延ばす。馬の博物館は根岸森林公園の南西側に位置する博物館で、正式名称が根岸競馬記念公苑と呼ばれている。日本の洋式競馬の発祥の地でもある。
この地は1866年(慶応2年)に根岸競馬場が完成し、
翌年の1月11日に最初の競走が行われたらしい。
1942年(昭和17年)まで毎年春と秋に競馬が行われていた。
競馬が横浜が発祥だったとは知らなかった。ただ、横浜は江戸時代の最後のころは西洋人が多かったはずなので不思議ではない。まして横浜山手(外人墓地などがあるところ)からも尾根伝いで来れるところでその立地もなんとなくわかる。
馬の博物館
馬の博物館 posted by (C)Supple
根岸森林公園を望む
根岸森林公園を望む posted by (C)Supple鏡越し 馬の博物館
鏡越し 馬の博物館 posted by (C)Supple
そして、馬の博物館では天野喜孝展 天馬が特別展示してあった。この人の作品はアニメなどにも使われているが、どうも暗い感じの絵でご本人の醜さへの執着心を感じてしまう。この作品展を見たとき、生命力と欲望を直接的に示すように表現しているようにも見える。なにか闇に蠢くものを表現しているようにも感じとれてしまうのでした。
特別展 天野喜孝展 天馬
特別展 天野喜孝展 天馬 posted by (C)Supple

馬の博物館から離れて根岸森林公園の反対側へ。
なんとも印象的なのは旧一等馬見所の建物がノスタルジックにいまだに立っており、古き時代の大規模建造物である。戦後すぐはこのあたりは進駐軍の領域だったらしい。この建物の北東側には横浜が見えた。天気がよかったのでいい景色でした。あの美術展の気持ちを洗ってくれた。
横浜競馬一等馬見所跡地
横浜競馬一等馬見所跡地 posted by (C)Supple
根岸真理公園から横浜を望む
根岸真理公園から横浜を望む posted by (C)Supple
ということでゆったりと午前から
さあ帰ろう。
午後ののんびり横浜散歩でした。

日記をお読みいただきありがとうございます
これを全部でれたらいいのですが。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 横浜  神奈川  自転車  公園 
tb 0 : cm --   

富士芝桜まつりを楽しむ観光完了(2018年4月29日) 

2018年4月29日訪問
神社に続いて、富士吉田から20数キロ先にある本栖湖を越えて、朝霧高原に向かうところです。思った以上にこの区間Upがあるのが印象的。どちらかというと本栖湖脇から会場までは登り。車はというとこのまつりのせいで精進湖あたりから、ずっと会場まで渋滞。それを横目に前に進むことができるのがよかった。しかし、100台に1台ぐらいは道路の路肩ぎりぎりまではみ出して渋滞している車もありながら、安全運転でいった。
結局、会場へは。
11:50ぐらいに到着。

富士芝桜まつり
富士芝桜まつり posted by (C)Supple

ミニ富士と本物@富士芝桜まつり
ミニ富士と本物@富士芝桜まつり posted by (C)Supple

富士芝桜まつり1
富士芝桜まつり1 posted by (C)Supple
富士芝桜まつり2
富士芝桜まつり2 posted by (C)Supple

富士芝桜まつり3
富士芝桜まつり3 posted by (C)Supple

こんなのところも@富士芝桜まつり
こんなのところも@富士芝桜まつり posted by (C)Supple

わりと人は混んでいた。写真のとおり、一部ほとんど咲いていないエリアもあった。パンフレットではなんときれいない一面芝桜の園内と富士山の写真を掲げている。なんでもそうだが、確かにきれいにみえるところもある。どちらかいうと1枚目の写真がずっと続くものかと思いきや、一部は最後の写真のようなところもある。地植えしなおすのかな。よくわからないが、富士山ははっきり見えて、場所によっては映える場所もあったので、これぐらいなら満足。Admissionが500円かかったが、インターネットで1割安くしてもらったし。まあよしとしよう。車の駐車場代は別途取られていたし、車でくるよりはリーズナブルな気がした。バイクと自転車は無料というのがとても良心的に思えた。

次見に行くなら秩父かな。

12:20には会場を離脱
途中富士吉田のパン屋で補食をしてから、
このあとは山中湖および山伏峠まで登り返しがあり、自宅に帰り着いたのは、
17:30に到着。

結局、この日は212㎞の13時間の旅でした。一様距離的にはブルべの制限時間内だな。
後半の12㎞は向かい風でしたが信号に阻まれ1時間もかけて走行した。ある意味、都市型のルートは信号の不運に巻きまれると大変だということを実感。

結構走ったなあ。(神社2件、花見1件、昼食、パン屋)を考えるとブルべ200㎞中にこれぐらいはできるのねということを確信しました。


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 自転車  富士  芝桜  山梨  うどん  神社  パン屋 
tb 0 : cm --