05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

あ、かわいいカフェ?ドーナッツ屋だあ。(はらドーナッツ@横浜元町) 

2018年5月20日訪問

最近、よく目にするようになったはらドーナツ屋。もともと神戸のはら豆腐店からはじまりチェーン化。それが関東に進出している。今回、自転車で山下公園から根岸森林公園に移動中に発見した。通りがかりの一見さん的訪問。山手トンネル手前の元町交差点の近くにかわいらしいカフェがあると思ったら、はらドーナッツではないですか。カフェもついているらしい。
はらドーナッツ 横浜元町店
はらドーナッツ 横浜元町店 posted by (C)Supple
でも、今日は持ち帰り店頭食べ。
はらドーナッツとごまを買った。
お店がこんなことをうたっている。
私たちは、食品作りの基本である
「美味しく、安心して食べていただける」 というシンプルなコンセプトが目標です。
防腐剤や保存料は一切使用いたしておりません。
たどりついたのは、子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、懐かしい素朴な味わいのドーナツでした。
はらドーナッツは、スタッフが心をこめて1つ1つ毎日丁寧に手作りしております。
らしいドーナッツ。
アメリカンドーナッツとは一味違う。脂っぽさもない。食感もまた違う。サクサク感があって、おからや豆乳で作ったらしい。健康志向が高かった。

ドーナッツ
ドーナッツ posted by (C)Supple

今度はCafeを利用しようと。もしも行くことがあったら。



関連ランキング:ドーナツ | 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅




日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 横浜市

Thread: スイーツ

Janre: グルメ

Tag: 横浜  自転車 
tb 0 : cm --   

清潔感が漂う待合室のようなカフェ(カフェ ブルーム@横浜 東白楽) 

2018年4月22日訪問
東白楽で少し時間ができたのでカフェがないかと探して、ここを見つけた。
一階は楽器の修理のお店のようで、セントラル楽器という管楽器の専門店のようで、通り向かいは楽器の販売店舗。こちらは修理屋。特に関心もないのですが、ここは修理待ちの方に利用を目的とした店舗のようである。修理が終わった受付番号が電子掲示板に提示されています。まるで待合室。雰囲気は静かで清潔感のある店内で、外もよくみえる窓があるお店で明るい。となりは小さな公園なのでゆったり感が感じられる。待合室として作ったコンセプトの割はよいカフェである。すばらしい。カフェはいたって普通のカフェで、楽器関連の方でなくても入れるお店。というより駅前にカフェはここしかないし。

お客も回転がよく、長居する場所というよりはちょっとした時間のティータイムにいい場所。
今回の目的にはばっちりでした。

ここで物珍しい黒いケーキを目撃。表面を焦がしたらしいブルーチーズケーキ。
結構、コクがあってブルーチーズの臭みはあまりなく、黒い焦げの味はするのかと思いきやまったくない。
チーズケーキでもまた違った味わいで楽しました。なかなかいい感じでした。また機会があったら食べてみたい。
カフェラテはホットを頼んだのにグラスで出てきたのはびっくりしたが、いたってシンプルなカフェラテでした。

カフェラテとブルーチーズのセット
カフェラテとブルーチーズのセット posted by (C)Supple



関連ランキング:カフェ | 東白楽駅東神奈川駅仲木戸駅




日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 横浜市

Thread: カフェ

Janre: グルメ

Tag: 神奈川  カフェ  横浜 
tb 0 : cm --   

色とりどりのパンと印象的な味わい(オランチベーカリー@相模原淵野辺) 

2018年4月22日
自転車を走らせて淵野辺駅付近の小道を走っていたら見つけたパン屋。あれ、こんなところにパン屋が。これがまた、ビルになじみ過ぎて目立たない。しかし、赤い扉があり、目立つはずだが。少し奥まっているかもしれない。通り過ぎてしまうかもと思ってしまった。その扉を開ける前は、ケーキ屋か洋菓子屋をイメージするような感じに思えたが、広々とした店内にはパンが並べてある。そして、そこに目が行ってしまうが、その下段に食パンが。
なお、右側にはイートインがある。席は4席。そこで食べることにした。

お店としては食パンをおすすめしており、ハード系からどれもおすすめようだ。
オランチベーカリー@淵野辺
オランチベーカリー@淵野辺 posted by (C)Supple

パン並ぶ@オランチベーカリー
パン並ぶ@オランチベーカリー posted by (C)Supple
この日はチョコラフランスとチョコバターを手にした。なぜかトレーの猫がかわいく、この二つのパンとマッチしているようにも思えた。
イートインでチョコラフランスとチョコバターを@オランチベーカリー
イートインでチョコラフランスとチョコバターを@オランチベーカリー posted by (C)Supple
チョコラフランスは外の皮がフレークのような食感でぱりぱり感があり。一種独特に思えた。中はチョコチップが解けてチョコの味もあり、パンの甘みもありとてもおいしく食べれた。

チョコバターは店頭の看板にあったので選んだ。看板には魅惑との記載があり、これは手にしないとと思えた。
実際、板チョコとよつばの発酵バターの板バターをハート型のパンにはさめたもので、これまたバターのコクがあり、おいしく食べれる。これを食べているときに、お客がチョコバターここにあるの全部くださいといっていた。人気商品なのかも。
こういう大人買いしてもおかしくない味わいでした。



関連ランキング:パン | 淵野辺駅矢部駅



今回はチョコ系のみ選んでしまった。次回はお惣菜系を味わいたい。

日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 相模原市

Thread: パン

Janre: グルメ

Tag: パン屋  神奈川  自転車  相模原 
tb 0 : cm --   

聡明で素直なパンに出会った。(ベーカリー 麦の森@相模原) 

2018年4月14日訪問
このお店のオーナーの聡明さを気づかされる。お店の雰囲気、パンの置き方、原料の直筆表示、そしてパンそのもののこだわり。
ここは行きたいと思いながら、はじめてトライしてみた。以前からここを通るのだが寄ることはなかった。
相模原駅から真っすぐ南へひたすら向かい「清新中学前」の交差点を左に曲がり。向かって右側にパン屋がある。
小豆色の建物に棚にパンが並べてあるお店。看板がない。昔はあったはずなのに。しかし、パン屋であることには間違いない。
ベーカリー 麦の森(相模原)
ベーカリー 麦の森(相模原) posted by (C)Supple
お店の中に入ると店員のおばさまが立ってくれていた。質素そのものでかつ清潔感が漂う店内。あまり飾り気のない洋室という感じ。どこかのおしゃれなサロンの待合室ともも思えてしまう。
そしてパンを覗くとパンは1種類1品づつになっている。種類は多めですが。1品の数は1、2品。11:00という時間にもかかわらず、パンが売れてなくっている箇所が多くある。また、このパン屋の感じが、なにか普通と違う。そうそう、パンのアトリエか画廊のようである。なぜか静寂の中にパン屋の誇りがうかがえる。

私がこの店に入ったときの感じを書きつらねたが、なによりもお客がいつもと違う。私が入店する前にいらっ社った方はオープンカーでお店に乗り付けパンを購入。そしてオープンカーで颯爽とドライブなのか去っていた。また、タクシーで横づけしてパンを買っていくなど。どこか客層が違った方々を偶然出くわしたからかもしれない。これがとても印象に残った。

そして、私は、天然酵母ミニパン 55円、ココナッ・チョコパン 186円。値段も安いし、パンのボリュウムも大きい。
ミニパンといいながら、おおきさから考え、ほかの店なら通常のパンだろう。
天然酵母ミニぱん(麦の森)
天然酵母ミニぱん(麦の森) posted by (C)Supple
ここナッ チョコ(麦の森)
ココナッ チョコ(麦の森) posted by (C)Supple
天然酵母ミニパンははっきりとした塩味とパンの甘みがする。これが混ぜ合わさり、これってパンの基本ができていると思えってありがたくいただいた。おいしい。ふあっとした柔らかい食感も特徴に感じる。
ココナッツチョコパンは、ココナッツの味とチョコチップがいっぱい入ったパンであり、ココナッの甘さとチョコの甘さそしてパンの甘さを感じる。この三つを味わえるようにさせるのが、塩の役割かも。

本当にパンの基本を思い知らせた。素朴かつ素直なパンである。パン屋のプロフェッショナルを感じた。最近の流行りのパン屋とは違う差別化がはっきりわかる。
ことばでは表現できないので、この感覚を再度確認にしにいかねば。

いまの印象だと久々のヒットですね。このパン屋。いままでとは違う印象を初めてした。



関連ランキング:パン | 相模原駅南橋本駅上溝駅




日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 相模原市

Thread: パン

Janre: グルメ

Tag: 神奈川  パン屋  自転車  相模原 
tb 0 : cm --   

サイクリストがよっているという情報を聞きつけ(パン工房 半原パン@愛川町) 

2018年4月1日訪問
神奈川県愛川町の半原にパン屋があるというどうも日本カレーパン協会で1位になったお店。そうそう思い出した。半原パンと。
実はSNSでこのパン屋を上げていた方がいて、ぜひ行ってみたいと思った。大分以前の食べログの書き込みと洗礼されているようだ。
県道56号は半原の中央をとおる道路その道沿いに看板がある。そして、駐車場となっている。その駐車場の奥の建物がパン工房である。
パン工房半原パン
パン工房半原パン posted by (C)Supple

パン工房半原パンの工房
パン工房半原パンの工房 posted by (C)Supple


だた、パン屋の店舗の入り口は一歩路地を入ったところにある。その路地も歩いてみよう。なにかどこかのノスタルジックな世界に迷い込んだように思えるだろう。
店内 半原パン
店内 半原パン posted by (C)Supple
表の幹線道路からはよく看板をみると案内がある。
お店の入口はこんな感じで手作り感のある看板。そして入るとパンが多数ある。
入口 パン工房半原パン
入口 パン工房半原パン posted by (C)Supple
この日は、カレーパンでなく
富良野メロンパン 濃厚なメロンクリームが印象的でした。そして、バリバリのメロンパンの皮。すごくマッチして、パン生地も優しい感じに柔らかい。お店がおすすめするだけの一品であることがうかがえる。
きな粉揚げパンもやわらかいふコッペパンが印象的でした。こちらも揚げパン独特の濃厚な味。
ちなみに、無料で、アイスコーヒーかホットコーヒーのサービスがついている。
きな粉揚げと富良野メロンパン
きな粉揚げと富良野メロンパン posted by (C)Supple

障がい者就労支援施設でもあるようです。店長自身がそのような会社を立ち上げ。そのような人がいっしょに働いているようでした。社会的にも貢献しているパン屋でした。

パン工房 半原パンパン / 愛川町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.8



日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 愛川町

Thread: パン

Janre: グルメ

Tag: 神奈川  パン屋  自転車 
tb 0 : cm --