06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

×××の傾向と対策。RANDONNEUR 

RANDONNEURという雑誌。DNFの傾向と対策。こうやって表題を書かれると受験時代の赤本をイメージしてしまう。
しかしブルベ雑誌。なんてマイナーな雑誌なのだろう。サイクリング雑誌の中でもひときわマイノリティー。
どう考えてもリタイアの方法だろう。でも、読んでみると意外に面白かった。まさに武勇伝だね。
こんな雑誌も大事にしたいものですね。1冊買っちゃいました。書泉グランデで。
となりには同じひびき出版から出た。CYCLO Touristだって、全シリーズをおいてあったような。
私が買った時もサさっと一目差に買っていく方がいましたよ。多分、ブルベやっている人なんだろうなあ。



RANDONNEUR
RANDONNEUR posted by (C)Kaol_Supple


日記をお読みいただきありがとうございます。
なるほどDNFの仕方ね。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 書籍

tb 0 : cm --   

日本再発見(戦後) 

全く自転車には関係ないが、非常に面白かった本。
和風続きですが、ちょっと自転車記事はお待ちください。


この本は、アメリカと日本の関係。そして政治家たちの活動がのっている。決して美化しているわけではないけど。こんな古くから、この総理大臣は経験しているのだということを実感する。どちからいうと修羅場をくぐった方なのかあと思うのでした。日本の味方や外交っていうことがわかるだろう。あとこうやって国をかえることができるのかあと教えてくれているよな。買ってもいいかなと思ってしまいました。
ちょっと読みごたえはありますが、読んでおいてもいい本です。

新聞の読み方も実は変わってしまいました。




クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 書籍

tb 0 : cm --   

ランドヌールNo.2を買ってしまった。 

Vol.1が手に入ったあとですのでついつい買ってしまいました。ただ、専門誌であり結構いい値段。
Vol.1と2で2012年のブルベを振り返る感じになるんですね。

2冊を貫通すると、どう走るのか。そしてその自転車とは。そして編集長の体験。
なのかなあ。あわせて読むと面白ですね。

【1000円以上送料無料】ランドヌール Vol.2

【1000円以上送料無料】ランドヌール Vol.2
価格:1,890円(税込、送料込)





クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 書籍

tb 0 : cm --   

追い風ライダー 

さて、追い風ライダーを読んでみた。米津一成さんが書いた小説です。
自転車で遠くへ行きたいというmixiの活動から著書ができ、小説へ。
なにか今回5つのスト―リーがあるのであるが、人間のつながりが面白い。そして、そこに間接的に自転車が組み込まれている感じ。話題は自転車に乗ることだからね。あんまり書くとネタバレするので。

そして、ストーリー間にも若干つながりがみえるような気がする。それもみると人のつながりとおなじような。

なんて、一度読んでみると面白いかもしれません。
実際、自転車で知り合って、家族を作っている方もいるしなあ。

割とリアルに感じるものです。
一度読むといいと思いますよ。






クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 書籍

tb 0 : cm --   

ランドヌールNo.1が手に入った。 

ちょっと入手ができたので読んでみました。
よく考えるとブルベの本ってなかったんだよね。でもね。だからこそ面白かったような。
でも、この本読んで、多様性がありすぎてマニュアルにならないのだなあと思ったりしてしまった。
ただ、長距離を乗るのなら、そこらじゅうにアイデアのある本で面白い雑誌だね。

でも、知人も載っているし。楽しめました。

なにか旅に出たくなる一冊でした。

【送料無料】ランドヌール(vol.1)

【送料無料】ランドヌール(vol.1)
価格:1,890円(税込、送料込)





クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 書籍

tb 0 : cm --