FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

(完走)ゆっくりと走った今年初三浦半島ライド(2019BRM1019西東京200三浦) 

今年のブルべ第2回目。三浦一周。今日は満喫しようとゆったりとライド。
しかし、装備は今日は朝が0度以下、昼間は10度以上ということでウエアの変えが必要で、そのため、装備が400㎞以上と変わらない。大荷物。
5:20 スタート受付
AJ西東京では初回のブルべ。少し挨拶をしてから。ここで朝食。卵パンとソーセージパンで、走りぬこうと。昨日、11:30まで新年会に参加していたこともあり胃が持たれ気味。アルコールは21:00から絶っていたので残っていない。しかし、寒い。
スタート地点
スタート地点 posted by (C)Supple
6:00スタート
まだ夜明け前である。このコースは真っ暗な時点で、鶴見川源流があるエリアをとおり、多摩ニュータウンのあたりを走り、尾根幹を走るルート。いたってホームなわけで。どうも右ふくらはぎの突っ張るような違和感を感じた。それも、多摩ニュータウンのUp‐downあたりで。これはまずいなあと思いつつ歩みを遅らす。電解質異常でもないし。多分、体温と気温の差が原因かあ。ということで、75%の出力に変更。そして、ペダリング数を多く、軽めに設定で乗り切る。そして稲城に入るころには大集団が形成されており。その中に。これでは自分のペースができないこととトイレに行きたくなったのでコンビニへ寄る。
7:10 21.5㎞地点 LAWSON 稲城鶴川街道店。(トイレ休憩)
トイレによる。合わせてポカリを水分補給用に購入。ブルベな方が数名ましたが、私が出発するころには消えていた。
朝日の反射
朝日の反射 posted by (C)Supple
朝焼け綺麗だったあ。眩しかったなあ。ここのお店から来たけどコンビニのトイレから予備のトイレットペーパーを盗む人が多いそうだ。かなり手を焼いているらしい。今日もその盗難があったらしい。まだ朝だぞ。
ひたすら川崎街道を走るわけで。単調で信号で疲れるわけで。
8:34 48.3㎞地点 7-11 川崎キングスカイフロント店 PC1
コッペパンとカフェラテ

このPC手前には、川崎河港水門ある。第一次世界大戦による日本の好景気による運河計画の跡らしい。計画は廃止されたがこの水門が残っている。水門の上にもブドウとももと梨を籠に乗せた装飾らしい。コンクリート製の水門。多分、昔にしたら豪勢だったのだろう。ただ、いまでも現役の水門のようだ。国登録有形文化財だそうだ。
川崎河港水門
川崎河港水門 posted by (C)Supple

PCをあとにすると産業道路で、トラックに煽られながらもゆっくりと南下。途中、鶴見川河口でR15に切り替え。
横浜に。ランドマークのところで日本丸のドックから水を抜いたとのニュースを聞いていたのでどんな風になっているだろうと思って興味深々みてみたら、いまは足場に固めらている日本丸が見えた。
日本丸 ドック
日本丸 ドック posted by (C)Supple
なんて言いながら、山下公園、山手アリアの尾根伝いに磯子エリアで。ここでお腹が空いてきた。
10:37 75.0㎞地点 LAWSON 横浜磯子東町店 (食糧補給)
おにぎりとシフォンケーキ
ええ、あんまり貯金がないなあ。そして、食べている間に5-6人抜かれ。かなり後ろを走っているはずだよなあと思いつつ。
ここからほぼ一人旅が始まるのでした。

今回は通りながら発見。駆逐艦 村雨の碑。白露型駆逐艦の3番艦として活躍した浦賀で竣工されたこともあり、碑が残っているらしい。へー。こんなところにあるのかとほぼ住宅街。歴史というものは隠れているのね。写真がのこっていない。ということで今度は撮りたいものだあ。

この浦賀あたりで走行するための時間の貯金が30分ぐらいになっていて、前後に人がいないので、ちょっと一人で急いだが。どうも後ろに人はいたようだった。しばらく28㎞/hで巡行。坂は写真の通り全然だめだけど。

三浦の上り
三浦の上り posted by (C)Supple
ただ、通常通りに久里浜も越えて、三浦海岸も越えて、三崎へ。
13:32 130.4㎞ うらりマルシェ
ここは通過チェックポイント。まあ、いつもならお店によるのだが、今日はランチをカフェでしたいので、すんなり撮影会だけしておしまい。
マルシェうらら
マルシェうらら posted by (C)Supple

いつも素通りしていた三浦市海外町。ここはリアス式海岸の浸食が激しいエリアでもあり、よく見るとおもしろい地層がみえるところだった。そして、解説付きだった地層のスランプ構造。海中の地滑りのあとらしい。また、周りにも漣痕(れんこん)が多数見えるエリア。地層マニアなら楽しいところなのだろうなあ。ただ、そこまではないけどこのスランプ構造はあまりにも芸術的でした。通り沿いなのに。

スランプ構造 地層
スランプ構造 地層 posted by (C)Supple

スランプ構造解説
スランプ構造解説 posted by (C)Supple

この辺の道は漁港とヨットの置き場と様々な景色の変化が楽しめる。面白いエリアだあ。
ヨットハーバー
ヨットハーバー posted by (C)Supple

そのあとは相模湾を沿うように藤沢の湘南エリアまでいって北上。信号峠を昔よりは緩和しているが味わいながらゴールまで。
16:03 171.6㎞地点 LAWSON 大庭大橋南店 (PC2)
おにぎりとコーラ500ml

18:03 202.2㎞地点 今野製作所(ゴール)
いやあ、かかったかかった。渋滞に信号に。かなり交通量が多く、急な左折もチラホラ。ただ、ほぼブラタモ状態になりつつある最近のブルべでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: ブルベ  西東京  三浦半島  横浜  町田  東京  藤沢  川崎  鎌倉 
tb 0 : cm --   

縁起のよさそうなところ寿駅。(BRM1006西東京200金太郎) 

西東京200金太郎に参加。これでこのコースに参加するは3回目。すこし課題をもって走ってみた。
6月の600以降まともに乗っていない。走っていないかったので走れるだろうか不安だったのだ。まして、天気は予報は山中湖あたりが雨で微妙。ただ、天気図をみると雨は降る予想はないと自己判断。予想つけづらい山と台風25号が日本海を北東に向かっているため天気の判断は難しいがDNSはせずに参加してみた。
今年はスタートはいつもの淡路公園でなく、根岸からさわ公園に変更。
スタート地点
スタート地点 posted by (C)Supple
ブリーフィングや車検をして、ほぼ最後のほうで出走。相模原市内も津久井湖周辺もゆったりと走る。
ブリーフィング
ブリーフィング posted by (C)Supple
車検待ち
車検待ち posted by (C)Supple
雛鶴の路に移るわけで、やまなみ温泉のところで青葉600の方とも遭遇。台風21号の被害で道志みちが通行止めのため雛鶴に切り替えたとのことだ。そのためか雛鶴はブルべライダーが多い多い。上流にあがるとかなり家や道に被害がみれた。また、この雛鶴の通りで雨が降られた。しかし、小雨。これが中途半端な雨。道は完全なウエットならず。そして、都留のPCまでいったら晴れている。ということで今回のブルべは継続。

この雛鶴は雛鶴姫から由来があり、村人が雛鶴姫の悲劇を悼んで作ったという無常野の雛鶴神社があった。少し調べてみると無常野の地名もそこからきているらしい。雛鶴姫は護良親王の寵妃であり。この護良親王は鎌倉幕府を滅亡に追い込んだ立役者でそののち足利尊氏を殺害しようと計画していたが謀反で鎌倉に拘束され殺害された。その時に首級を鎌倉から持って逃げたのが雛鶴姫で当時、護良親王の子を身籠っていたらしい。足利の追手に追われながらも雛鶴峠あたりで産気づき出産後を命を落としているとのこと。こういう悲話から作られた神社らしい。

ちなみに雛鶴神社をさらに上りトンネルを越えてリニアモーターカーの工事現場近くに同じく雛鶴神社があり。そこに雛鶴姫のご遺体は埋葬されているらしい。そして、最近になって鎌倉宮(護良親王を祀っている鎌倉の神社)の兼務社になったらしい。
また、今回のPC1にさらに向かうと石船神社があり。そこには護良親王の首級をご神体とした神社がある(写真無し)。
なんとも歴史的なところであったようだ。ご神体は1月15日に公開されるようです。いってみようかな。
雛鶴神社(無常野)
雛鶴神社(無常野) posted by (C)Supple
10:14 PC1 7-11 都留井倉店
PC1
PC1 posted by (C)Supple
こちらは大盛況。青葉600と同じPCとなり。たんまりとブルべライダーが。
そのあとは富士みちでひたすら上り。富士急行と並走する。写真にはおさめれなかったが、小田急、御殿場線で特急「あさぎり」で走っていたJR車両 8500系電車がオレンジ色の富士山ビュー特急となっていたが初めてみることができた。この富士急、小田急車両のあさぎりであった「RSE」ももっており、特急あさぎりの車両をみることができる貴重な路線だ。

今回はその路線の駅のひとつ寿駅へよる。今回、キューシートから地図を追っているときに目に入った駅名。なんとも縁起のよさそうな駅。
リサーチしても、以下のような記載がということでぜひ行ってみたくなっていってみた。
寿駅(ことぶきえき)は、山梨県富士吉田市上暮地にある、富士急行大月線の駅である。
無人駅であるが、縁起がいい名称であるため、富士急行線内の各有人駅で当駅の入場券が縁起物として販売されている。
寿駅
寿駅 posted by (C)Supple
そしてこの近辺で早めのお昼を食べてみてよい時間でなるであろうとリサーチすると「団地ラーメン」の文字ということでここで昼食をと思ったが、お店の前までいってみた。しかし、思わず高いハードルが立っていた。なんとも先客が開店してすぐなのに2名。6名ぐらいのカウンター席のみのラーメン屋にである。そして、すでに酔っぱらっているおじさまが大きな声で店主としゃべっている。ということで長居は禁物のこのサイクリングでは、残念ながらトライせずに撤退となった。

そのあとはいつもの通り、途中福源寺を回って、河口湖湖畔のつじやで昼食をとって、河口湖の大石公園へ。山中湖の別荘エリアをとおり、籠坂峠後、足柄までダウンヒル。
福源寺
福源寺 posted by (C)Supple
河口湖
河口湖 posted by (C)Supple
大石公園 富士山 河口湖
大石公園 富士山 河口湖 posted by (C)Supple
14:42 PC2 足柄駅前 橋本屋
足柄駅前 橋本屋
足柄駅前 橋本屋 posted by (C)Supple
足柄駅 御殿場線
足柄駅 御殿場線 posted by (C)Supple
足柄峠の上りを楽しみ。足柄峠は台風のせいかドロドロ。DNFしようかと思った。このときも雨も降ってきましたがこのときは森の木々が守ってくれて、雨には降られていない状態。なんとも変なタイミングだった。そして、峠を越えて。
足柄峠の県境
足柄峠の県境 posted by (C)Supple
16:10 夕日の滝へ。

そして、あとは急ぎ足でPC3で神奈川を横断しながら、秦野周辺の丘陵地帯を越え平塚まで。

そして、最後は相模川水系の河岸段丘地域のアップダウンを越えてゴール。

19:19 ゴール
ゴール
ゴール posted by (C)Supple

トータル約200㎞のコースでした。これって結構、難易度高いよね。でも、これが初ブルべの方が多いのに(*_*;。
スタッフの皆さん、参加者の皆さん、出会った方々を含めありがとうございました。楽しめました。


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Tag: 自転車  ブルベ  西東京  町田  山梨  神奈川  寺院  神社 
tb 0 : cm --   

スローな雰囲気の観光用の食堂(つじや@河口湖) 

つじや。河口湖湖畔のお坂みち沿いにある観光食堂。ほうとう、そば、鰻がメインらしい。観光地には一般的にありそうな。古い母屋の食堂。駐車場も広い。客はまばらに入ってくる。どうも常連さんもいるらしく釣りをしているのか。ワカサギの話などをしていた。
その方々はうどんを頼んでいたような。店員はのんびりした感じで、訪問してもすぐ対応とはなくなんとなく話しかけられ、メニューをもらってオーダー。いやあ、スロータイム。でもこういうところは大事な気がした。このリズム。

私は自転車でこちらにおじゃました。もともと本来の目的であった富士みち途中であるお店にいったが、先客の方が昼間から大きな声でお話をしているようだったのでこちらは敬遠。さらに坂をのぼってお腹が空いたので入ったのがこのお店。
まあ、偶然というべき訪問。これも一期一会と思いほうとうをオーダー。
つじや 河口湖
つじや 河口湖 posted by (C)Supple

こちらが来たものです。あれほうとうが小さいかなと見た目思ったが、それほでもなくボリュウムもあるし、野菜も入っていた。また、ごはんもワカサギの揚げ物も。たしかにほうとうは煮込みはそこまでないが味噌味もありOKかと。薄目。私としては濃すぎるのはすきでないので満足。ただ、やはりほうとうという食べ物は熱いわけで、食べるのに時間がかかる。
ほうとう定食(つじや@河口湖)
ほうとう定食(つじや@河口湖) posted by (C)Supple
また、地元の方もいると話も弾むわけで、実はすこし方言があるようで聞き取りにくいところがあるがそれはそれで。
今回は時間制限もある状況であったわけで、それには向かないなあ。ただ、なんにも食べたいものがないけどとりあえずであれば寄ってもいいところと思った。


関連ランキング:ほうとう | 河口湖駅




日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: グルメ(山梨)

Thread: ご当地グルメ

Janre: グルメ

Tag: 自転車  ブルベ  富士  食堂  定食  西東京  山梨 
tb 0 : cm --   

宿泊そしてゴール やっぱり後半の後半は睡魔との戦いだった(2018BRM602 西東京600諏訪湖)  

スタートからPC4までのつづき。
こちら、4時間半の貯金があり。当初の予定であったホテルルートイン諏訪インター第2に宿泊。
22:50ごろにホテルにシャワーを浴びて湯船に入る。着替えの返送。DNS/DNFジャージから衣替え。
23:38となりのマックでダブルチーズバーガーとコーヒーS を飲食
その後、就寝。
02:10 突然目が覚め。
02:20 出発
足の疲れがほとんどとれた。あれ、なんか身体が軽い。この感覚があるということは快適なサイクリングができると淡い期待を抱いた。そのあとすぐに飲料用の水のボトルに新鮮な水を入れようと、R20 沿いにある LAWSON茅野宮川店でお水を補給して、再度、富士見峠へ。割と軽く登れたこの間コンビニをみるとお外で寝ているブルべライダーがちらほら。野宿系はすごいなあと思いながら通り過ぎていく、ここからノーストップで小淵沢の坂を上り、七里岩ラインを下る。夜が明けていく景色が見え、このフレッシュな感じと夜明けの雰囲気を味わい本当に幸せを感じる。ただ、この通りは走行会時のときはこれを逆走して登りだったんだよなあとそのときのコースの厳しさを思い出しながらも走っていた。基本下りですからスピードは速くなり。そしてさらに朝日を感じながら素敵な早朝を独り占めな感じで息を吸いそして吐く。フレッシュな時間だった。韮崎市街地を越えて、PC5に到着。ここは最高に感性に刺激を与えてくれた区間だった。
4:47 ファミマ 甲斐双葉塩崎店 390.7km地点
ここで朝食。朝食はヘビー級。ロースかつ丼とコーヒー牛乳。
これが割とお腹いっぱいになる。胃腸が快調であることに感謝する。
PC5の出発時のジャージ
PC5の出発時のジャージ posted by (C)Supple
走り出す直前、朝日に生える赤く燃える南アルプスをみることができ、感動的でした。こういう自然の雄大なアートは疲れがいえる。
南アルプスの早朝の燃える姿
南アルプスの早朝の燃える姿 posted by (C)Supple
そして走り出してからすぐにお通じが。プラス暑くなってきたので、ということで7-11に入りアイスコーヒーを飲む。
長袖ジャージを脱ぐ。結局、生理反応で現実に戻されてしまうのだけど。
これでお腹もカフェインもいれ、あとは芝川までと思いきや。途中、どうしても休憩を取りたくなったので、
6:48 LAWSON 中富飯富店で
コーヒーゼリーと
所持用あんぱんを購入。
なぜか後半はこんな感じにゆったりと休憩をとりながら走る。先月の400㎞と同じ道路でもあり安心感があり。
ここまでは眠気が来ない。
8:29 PC6 ファミマ 富士宮芝川店 460㎞地点
ソルティライとウイダーインゼリーを摂取。
朝食がかつ丼だったためか。ご飯はいらなかった。
PC5のときの長袖ジャージはしまって、違う姿に。
PC6 の出発時のジャージ
PC6 の出発時のジャージ posted by (C)Supple
ここまでくると残りは朝霧高原と富士五湖まわりのアップダウンをクリアすれば終わり。しかし、そこを越えるには坂が待つ。やっぱり身体にしんどい。
上り始めると結構つらい。気温上昇があり。暑くなってくる。途中、自動販売機でお水の入れ替え分を購入。そして余った水は身体にかけ、朝霧高原までは、なんとか行けた。この区間はだらだらと長い坂がつづく、たまに急な登りつき。水田や農地化がすすみ用水路や川も多く、水の流れの音がいつでもしている暑ければその水を使うことも考えたが、ぎりぎり水浴びは防げた。気温25度程度で維持になっていたのは幸運だった。
この一苦労をいやすために、朝霧公園の道の駅による。ミルクソフトを食べて満足感が得られ活力が湧く。この道の駅にはブルべライダーも数人よっていたのを見かけた。休憩しているようでした。そして、出発。少し上って、本栖湖、精進湖。この辺りから眠気が出てくる。精進湖の入口のお店のテラス席でコーラ500mlを飲みながら10分睡眠。そのあとは青木ヶ原樹海でマイクロ睡眠開始。西湖に入るときにふらふらになっているブルべライダーを見つけた。よく見えたらちえさんではないですか。お声掛けして。やっぱり眠たかったようだ。600㎞の500㎞近くになってくると眠気との戦いになる。西湖でも1か所でストップして2分ぐらいの時間を睡眠する。
この姿PC6の時と違い、7分丈のパンツを抜いた状態で夏モードに。
西湖航行中
河口湖航行中 posted by (C)Supple
そして、河口湖に入り後は気を確かにしておけば眠らない程度であったが、念のため1分間のマイクロ睡眠をして、2㎞のトンネルを抜ければとうとうPC7へ。
このトンネルの間は覚醒しており、なにをコンビニで食べるのかをずっと思案していた。(笑)

12:47 PC7 富士吉田旭3丁目店。
ここで昼食。冷やし中華とサプリメントドリンクで〆た。ここにも船長さんやちえさんと会った。すこしコンビニのイートインで食べながら休んでいた。お出かけする前にきれいな富士山がみえたのでそれを拝み。
富士吉田の富士山
富士吉田の富士山 posted by (C)Supple
そのあとは山中湖へ向かう。富士吉田市街地を横断した後の鐘山通りがR138抜けるまでがとっても坂がきつく感じた。そのあとはいつものコース。山中湖と道志みち。これはいつもの道。しかし、なぜかこの日車、バイクが異常に多い。そして、下りで運動負荷が低いので睡魔が。道志みちの45㎞の区間は4,5回ストップしてマイクロ睡眠。ここは山間部分でもあり傾斜に家をたてているので壁があったりするので、地べたに寝ると倒れている人そのものなので、壁によたれてながら立寝を行う。この間自転車が去っていく音も聞いたので、ブルべライダーにも抜かれただろう。そんなこんなで道志みちも無事故で脱出。直前に神奈川ランチライドの会のグループに抜かれ、そこに追いつけない自分になんだか落胆してしまった。気分を切り替えて、まあ、貯金も3時間以上あるのでセブンイレブン津久井青山店でこのブルべ初のガリガリ君を食べる。少し体内からの冷却になり。眠気も覚めた。あとは山岳エリアの趣のある串川橋付近から新小倉橋の坂を上って、相模原市内も颯爽と言いたかったがここでトイレに行きたくなって、ファミマ 清新六丁目店へ。トイレのお礼に缶コーヒーを買ってコース復帰。見るとちえさんが颯爽と通り過ぎて行った。もう数キロでゴールなのでゆっくり行こうと思ったら、信号のタイミングで追いついてしまい。いっしょにゴール。
17:40 ゴール ケルビム
1時間ぐらいゴールで遊んでいたが、そのままクローズまでいようかと思っていたら、なぜか寒気がしてきたので、途中で退散させてもらった。そのあと家に帰り着いて考えてみると、運動過多による基礎代謝の低下がゴールとともに出たのかなっという感じ。風邪ではなかったようだ。よかった。
このあとは通常の生活に戻され、なぜか買い物に出たり。あれ、いつもと変わらない。なんだったのか。数時間前とこの時間のGAPを不思議に思うのでした。後日談、翌日、翌々日は臀部から太ももあたりに筋肉痛がでたもののそれ以外は疲れやすさはあった。しかし、生活に支障がでなかったのは何より幸いでした。
総括として、今回は着替えを多くして、水分調整をよくみながら、熱中症や疲労しないためのケアを心掛けたブルべでした。本当に晴天に恵まれたよいブルべでした。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん、お声掛け、写真などありがとうござます。


大変ありがとうございました。


日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 600㎞  西東京  自転車  ブルベ  山梨  神奈川  町田  長野  諏訪湖  東京 
tb 0 : cm 0   

[完走 前半]春を楽しみながら中伊豆のサイクルスポーツセンターへ(BRM324西東京200しおかつお) 

スタッフの皆さん、参加者のみなさんありがとうございました。

3月24日 3:00に起床。というのも、用意が今回はほとんどしていない。自転車と着替えとシューズを車にいれ、出発。
高速を快適に走って、足柄サービスエリアに到着。
ここでエピソード。
まだ、雨が降っているのか。すこし顔に当たる。ええ、足柄 御殿場エリアだからしょうがないと思いつつ。これだからやだなあ。
5:00 さあ、ここで仮眠でもするかあ。あれ、キューシート忘れた、ああ、同意書を忘れた。あかんなGarmin忘れた。なんだか位置情報系のものをすべて忘れた。一瞬にして出る気をなくした。DNSかな。
「心のつぶやき」
やめようかな。DNSしようかな。でもここまで来たのに。
今回のコースは基本は同じコース設定だから走れるなあ。でも、どうしよう。
キューシートと同意書を打ち出せればいいから。
そうだあ。ファミマがあるから印刷すればいいかあ。

ということで、サービスエリア内のファミマで、急遽、キューシートと同意書を打ち出す。
打ち出したキューシートをみて、とりあえずぜコースのイメージトレーニングをすると。
全部、ジオグラフィ的なイメージが付いてこれならキューシート無しでもいけるぐらいになっている。
なんていう焦りもありあり、スタート前から忘れ物で一人ひと騒動があった。

さて、そのあとはスムーズに三島駅前に到着。
新幹線の三島駅を発着する音をバックミュージックにして、
さあ、寝ようと30分間睡眠。
三島駅前駐車場からの朝日
三島駅前駐車場からの朝日 posted by (C)Supple

そして、三島駅前でスタート地点へ。ベーカリーで朝食を食べてから伺った。7:30発と8:00発の2グループの方に会うことができた。このブルべも知っている方が多い。太郎さんや戦車さん、まこたさん、やましんさん、黒スコさん、太郎さん、Wさんなどなど。知っている人が多い。なぜか遠征なのに顔ぶれはいつもと変わらずでした。
三島駅前 ブリーフィング
三島駅前 ブリーフィング posted by (C)Supple

ブリーフィング 8:00発
ブリーフィング 8:00発 posted by (C)Supple

ブリーフィング中
ブリーフィング中 posted by (C)Supple
DJさんのブリーフィングをみて聞きながらスタートポイントの三島駅へ。
8:00発。今回はいつものコースなので。ゆったりと走り出した。最後から3番目ぐらいかな。
いつものしおかつおの走りやすいコース。道は細いものの車の量はすくない。また、気温も10度前後。最高のサイクリング日和。
今回はCRは通らない。
徳倉橋
徳倉橋 posted by (C)Supple

このエリアのタクシーって毎回見るとラブライブ サンシャインのキャラをデコっている。写真はお恥ずかしすぎてボネットの絵までは撮れませんでした。今回初めて知ったが、ライブライブとラブライブサンシャインは違うと娘にいわれた。このサンシャインのほうが沼津であるそうだ。知らなかった。
タクシー ラブライブサンシャイン
タクシー ラブライブサンシャイン posted by (C)Supple

そして、走らすと順天堂伊豆長岡病院のある長岡の交差点の横にあるお寺がいつも気になっていたので、写真を撮る。
ここが鎌倉時代に活躍した執権 北条時頼の墓があることで有名で、彼の最明寺入道と言われた時代の最明寺を取って付けたそうだ。なにか物静かな雰囲気かいい感じにある。
最明寺(長岡交差点)
最明寺(長岡交差点) posted by (C)Supple

今年の新コースでの第一ポイントがここへの上り。伊豆サイクルスポーツセンターの伊豆ベロドローム。一瞬みるとベロベロームと読みたくなるが、ベロ ドロームだそうだ。とてもいい景色のところで伊豆の山岳地帯の感じがよく見える。
伊豆ベロドローム
伊豆ベロドローム posted by (C)Supple

伊豆ベロドローム
伊豆ベロドローム posted by (C)Supple

そして、修善寺駅あたりまで滑走。このダウンヒルは楽しかったあ。車も少なく田舎の風景が楽しめた。そして旅情を誘う風景に。
修善寺駅 横瀬交差点
修善寺駅 横瀬交差点 posted by (C)Supple
この横瀬の信号待ちは長い。この日はとてもポカポカ陽気になり。なんとなく楽しいサイクリング気分になっていく。
ここに愛童将軍地蔵として橋のたもとにまつられている。高さ2メートル近い大きさの地蔵像である。
源頼家が修善寺で幽閉された折り、丘に登り身の不運をなげき、月見をしたといわれている。
「嗚呼幾年の星霜も 将軍地蔵は日本一 横瀬に残る御佛の 功徳の程こそ尊けれ」と修善寺の人々が当時を偲んで安置した。
なるほど、割と悲しい感じがするのはそういうところからだったのね。
愛童将軍地蔵
愛童将軍地蔵 posted by (C)Supple
そして、周りを見渡せば遠くに桜並木がみえる。
修善寺 狩野川と桜並木
修善寺 狩野川と桜並木 posted by (C)Supple

そんなこんなでPC1に到着
9:41 ローソン伊豆熊坂店 36.8㎞地点 
ここで補給。コーヒー牛乳とメロンパンとチオビタドリンク。
こういうものを飲んだんのはブルべでは初めてだあ。滋養強壮剤もいいかもなあ。ビタミンB1補給かあ。
体力消耗するからなあ。疲れる前に効果的かも…
チオビタドリング
チオビタドリング posted by (C)Supple

そして、城山を眺めながら、桜の匂いもする長嶋茂雄ランニングロードを通って、西伊豆へ。
どうも一昨年に、新たな名所「読売巨人軍長嶋茂雄ロード」が誕生したらしい。
現役時代の昭和42年から48年までの間、伊豆の国市(旧大仁町)を拠点として自主トレーニングを行っていたようだ。
城山のしたには看板があったよ。こんなに景色がよい。
城山 長嶋茂雄ランニングロード
城山 長嶋茂雄ランニングロード posted by (C)Supple

あとは後半へ。


日記をお読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Tag: ブルベ  自転車  静岡  伊豆  西東京 
tb 0 : cm --