05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Suppleの自転車でのんびりお出かけ日記

Ride a bicycle with the aim of making a pilgrimage to shrines and temples, viewing several flowers and going foodie destination.

 

あ、かわいいカフェ?ドーナッツ屋だあ。(はらドーナッツ@横浜元町) 

2018年5月20日訪問

最近、よく目にするようになったはらドーナツ屋。もともと神戸のはら豆腐店からはじまりチェーン化。それが関東に進出している。今回、自転車で山下公園から根岸森林公園に移動中に発見した。通りがかりの一見さん的訪問。山手トンネル手前の元町交差点の近くにかわいらしいカフェがあると思ったら、はらドーナッツではないですか。カフェもついているらしい。
はらドーナッツ 横浜元町店
はらドーナッツ 横浜元町店 posted by (C)Supple
でも、今日は持ち帰り店頭食べ。
はらドーナッツとごまを買った。
お店がこんなことをうたっている。
私たちは、食品作りの基本である
「美味しく、安心して食べていただける」 というシンプルなコンセプトが目標です。
防腐剤や保存料は一切使用いたしておりません。
たどりついたのは、子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、懐かしい素朴な味わいのドーナツでした。
はらドーナッツは、スタッフが心をこめて1つ1つ毎日丁寧に手作りしております。
らしいドーナッツ。
アメリカンドーナッツとは一味違う。脂っぽさもない。食感もまた違う。サクサク感があって、おからや豆乳で作ったらしい。健康志向が高かった。

ドーナッツ
ドーナッツ posted by (C)Supple

今度はCafeを利用しようと。もしも行くことがあったら。



関連ランキング:ドーナツ | 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅




日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: 横浜市

Thread: スイーツ

Janre: グルメ

Tag: 横浜  自転車 
tb 0 : cm --   

3年越し、やっと600のゴールドメダルをゲット、モンベルはプラチナバッチが送られてきた。 

先日のBRM602 西東京600では、3年ぶりの600㎞の完走だった。4年に1回デザインが変わるメダルで、このLotのメダルをもらっていなかったのでメダルをいただいた。これで、このLotの200、300、400、600がそろった。
ゴールドメダル。もらうと嬉しいものだ。

ブルべメダル
ブルべメダル posted by (C)Supple

やっぱり。
雨の予報だったらDNSする
途中、雨が降ったらDNFする
ブルべの参加は月1-2回にする
ブルべは自転車乗るためのきっかけ。
はこのポリシーを徹底してやってきた。
この条件を満たさなければ完走にはならない。

今年は前半で200を3、400を2、600を1でSR取れていたのを総括してわかった。
取れると嬉しいもので3年ぶり。

これで6月までの前半戦はおしまい。

後半はは7月と9月、10月の200を3本で今シーズンはおわりの予定。

ちなみにモンベルもカードを更新したら、プラチナになっていた。10年も会員を継続していたのね。
バッチも送られてきた。隣はゴールドのときのバッチ。
プラチナバッチ モンベル
プラチナバッチ モンベル posted by (C)Supple

メダルとかバッチってうれしく思ってしまう。(笑)

早く町田のグランベリーモールが再開しないかな。

日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: ブルベ 
tb 0 : cm --   

宿泊そしてゴール やっぱり後半の後半は睡魔との戦いだった(2018BRM602 西東京600諏訪湖)  

スタートからPC4までのつづき。
こちら、4時間半の貯金があり。当初の予定であったホテルルートイン諏訪インター第2に宿泊。
22:50ごろにホテルにシャワーを浴びて湯船に入る。着替えの返送。DNS/DNFジャージから衣替え。
23:38となりのマックでダブルチーズバーガーとコーヒーS を飲食
その後、就寝。
02:10 突然目が覚め。
02:20 出発
足の疲れがほとんどとれた。あれ、なんか身体が軽い。この感覚があるということは快適なサイクリングができると淡い期待を抱いた。そのあとすぐに飲料用の水のボトルに新鮮な水を入れようと、R20 沿いにある LAWSON茅野宮川店でお水を補給して、再度、富士見峠へ。割と軽く登れたこの間コンビニをみるとお外で寝ているブルべライダーがちらほら。野宿系はすごいなあと思いながら通り過ぎていく、ここからノーストップで小淵沢の坂を上り、七里岩ラインを下る。夜が明けていく景色が見え、このフレッシュな感じと夜明けの雰囲気を味わい本当に幸せを感じる。ただ、この通りは走行会時のときはこれを逆走して登りだったんだよなあとそのときのコースの厳しさを思い出しながらも走っていた。基本下りですからスピードは速くなり。そしてさらに朝日を感じながら素敵な早朝を独り占めな感じで息を吸いそして吐く。フレッシュな時間だった。韮崎市街地を越えて、PC5に到着。ここは最高に感性に刺激を与えてくれた区間だった。
4:47 ファミマ 甲斐双葉塩崎店 390.7km地点
ここで朝食。朝食はヘビー級。ロースかつ丼とコーヒー牛乳。
これが割とお腹いっぱいになる。胃腸が快調であることに感謝する。
PC5の出発時のジャージ
PC5の出発時のジャージ posted by (C)Supple
走り出す直前、朝日に生える赤く燃える南アルプスをみることができ、感動的でした。こういう自然の雄大なアートは疲れがいえる。
南アルプスの早朝の燃える姿
南アルプスの早朝の燃える姿 posted by (C)Supple
そして走り出してからすぐにお通じが。プラス暑くなってきたので、ということで7-11に入りアイスコーヒーを飲む。
長袖ジャージを脱ぐ。結局、生理反応で現実に戻されてしまうのだけど。
これでお腹もカフェインもいれ、あとは芝川までと思いきや。途中、どうしても休憩を取りたくなったので、
6:48 LAWSON 中富飯富店で
コーヒーゼリーと
所持用あんぱんを購入。
なぜか後半はこんな感じにゆったりと休憩をとりながら走る。先月の400㎞と同じ道路でもあり安心感があり。
ここまでは眠気が来ない。
8:29 PC6 ファミマ 富士宮芝川店 460㎞地点
ソルティライとウイダーインゼリーを摂取。
朝食がかつ丼だったためか。ご飯はいらなかった。
PC5のときの長袖ジャージはしまって、違う姿に。
PC6 の出発時のジャージ
PC6 の出発時のジャージ posted by (C)Supple
ここまでくると残りは朝霧高原と富士五湖まわりのアップダウンをクリアすれば終わり。しかし、そこを越えるには坂が待つ。やっぱり身体にしんどい。
上り始めると結構つらい。気温上昇があり。暑くなってくる。途中、自動販売機でお水の入れ替え分を購入。そして余った水は身体にかけ、朝霧高原までは、なんとか行けた。この区間はだらだらと長い坂がつづく、たまに急な登りつき。水田や農地化がすすみ用水路や川も多く、水の流れの音がいつでもしている暑ければその水を使うことも考えたが、ぎりぎり水浴びは防げた。気温25度程度で維持になっていたのは幸運だった。
この一苦労をいやすために、朝霧公園の道の駅による。ミルクソフトを食べて満足感が得られ活力が湧く。この道の駅にはブルべライダーも数人よっていたのを見かけた。休憩しているようでした。そして、出発。少し上って、本栖湖、精進湖。この辺りから眠気が出てくる。精進湖の入口のお店のテラス席でコーラ500mlを飲みながら10分睡眠。そのあとは青木ヶ原樹海でマイクロ睡眠開始。西湖に入るときにふらふらになっているブルべライダーを見つけた。よく見えたらちえさんではないですか。お声掛けして。やっぱり眠たかったようだ。600㎞の500㎞近くになってくると眠気との戦いになる。西湖でも1か所でストップして2分ぐらいの時間を睡眠する。
この姿PC6の時と違い、7分丈のパンツを抜いた状態で夏モードに。
西湖航行中
河口湖航行中 posted by (C)Supple
そして、河口湖に入り後は気を確かにしておけば眠らない程度であったが、念のため1分間のマイクロ睡眠をして、2㎞のトンネルを抜ければとうとうPC7へ。
このトンネルの間は覚醒しており、なにをコンビニで食べるのかをずっと思案していた。(笑)

12:47 PC7 富士吉田旭3丁目店。
ここで昼食。冷やし中華とサプリメントドリンクで〆た。ここにも船長さんやちえさんと会った。すこしコンビニのイートインで食べながら休んでいた。お出かけする前にきれいな富士山がみえたのでそれを拝み。
富士吉田の富士山
富士吉田の富士山 posted by (C)Supple
そのあとは山中湖へ向かう。富士吉田市街地を横断した後の鐘山通りがR138抜けるまでがとっても坂がきつく感じた。そのあとはいつものコース。山中湖と道志みち。これはいつもの道。しかし、なぜかこの日車、バイクが異常に多い。そして、下りで運動負荷が低いので睡魔が。道志みちの45㎞の区間は4,5回ストップしてマイクロ睡眠。ここは山間部分でもあり傾斜に家をたてているので壁があったりするので、地べたに寝ると倒れている人そのものなので、壁によたれてながら立寝を行う。この間自転車が去っていく音も聞いたので、ブルべライダーにも抜かれただろう。そんなこんなで道志みちも無事故で脱出。直前に神奈川ランチライドの会のグループに抜かれ、そこに追いつけない自分になんだか落胆してしまった。気分を切り替えて、まあ、貯金も3時間以上あるのでセブンイレブン津久井青山店でこのブルべ初のガリガリ君を食べる。少し体内からの冷却になり。眠気も覚めた。あとは山岳エリアの趣のある串川橋付近から新小倉橋の坂を上って、相模原市内も颯爽と言いたかったがここでトイレに行きたくなって、ファミマ 清新六丁目店へ。トイレのお礼に缶コーヒーを買ってコース復帰。見るとちえさんが颯爽と通り過ぎて行った。もう数キロでゴールなのでゆっくり行こうと思ったら、信号のタイミングで追いついてしまい。いっしょにゴール。
17:40 ゴール ケルビム
1時間ぐらいゴールで遊んでいたが、そのままクローズまでいようかと思っていたら、なぜか寒気がしてきたので、途中で退散させてもらった。そのあと家に帰り着いて考えてみると、運動過多による基礎代謝の低下がゴールとともに出たのかなっという感じ。風邪ではなかったようだ。よかった。
このあとは通常の生活に戻され、なぜか買い物に出たり。あれ、いつもと変わらない。なんだったのか。数時間前とこの時間のGAPを不思議に思うのでした。後日談、翌日、翌々日は臀部から太ももあたりに筋肉痛がでたもののそれ以外は疲れやすさはあった。しかし、生活に支障がでなかったのは何より幸いでした。
総括として、今回は着替えを多くして、水分調整をよくみながら、熱中症や疲労しないためのケアを心掛けたブルべでした。本当に晴天に恵まれたよいブルべでした。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん、お声掛け、写真などありがとうござます。


大変ありがとうございました。


日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 600㎞  西東京  自転車  ブルベ  山梨  神奈川  町田  長野  諏訪湖  東京 
tb 0 : cm 0   

スタートからPC4諏訪湖へ(2018BRM602 西東京600諏訪湖) 

このブルべは2013年の走行会を走ってから完走できていないコース。
2014年 雨でDNS
2015年 熱中症のため諏訪湖でDNF
2016年 雨のため諏訪湖でDNF
2017年 台風のためDNS
こんな背景もあり天気も申し分ない野で今回は600での如何にらくに走るかのトレーニングとしてためす。
3:45に起床。前日から整備していた自転車の最終チェック。
4:15に出発。
4:38に受付、そしてブリーフィング&朝食
ブリーフィング 淡島公園
車検 淡島公園 posted by (C)Supple
そして、スタッフの皆さんや常連さんとの挨拶。
朝食は焼きそばロール/牛乳パン/赤飯おにぎり。
ブルべの朝は慌ただしくすぎる。
5:00にスタート。いつものとおり、後方スタート。
このときにああ、Trex30忘れた。どうせ見ないからいいかと通常Queシートで走っているので問題ないが。データで楽しむことができないのは残念。走り出してゆったりと走行。一か所藤沢本町あたりでほかのブルべライダーと接触しそうなところもあったが、まさかね手信号を軽くはしていたが右側で出したので見れなかったようだ。手信号や掛け声の重要性を再認識した。
6:45 通過チェック 7-11 鎌倉七里ヶ浜店 39.8㎞地点
この時間でも大分暑くなってきたので、夏モードに着るものを変更。気温は20度ぐらいでしょう。
DNS/DNFジャージの上下にUVアーマーとタイツに。
水も補給。すでに500mlをほぼ飲んでいる。
このDNS/DNFジャージが大うけ。これ買いたかった。ほしい。このネガティブワードかあ。後ろを走りたくない。などいろいろな方にコメントをいただいた。ネガティブジャージ。当の本人は直接読めない代物。(笑)
DNS/DNFジャージ
DNS/DNFジャージ posted by (C)Supple
そのあとはカフェオレをのんで出発。
ここから先は相模湾沿いに走るコース。まずターゲットは真鶴まで。けーこさんと通過チェックから一緒に出たはずが結構猛スピードで進んでいる。私はそのままマイペースモードで。
途中、ポケットにいれておいたあんぱんを根府川あたりで補給。
8:53 休憩 7-11 真鶴駅西店
ここでいったん休憩。コーラ500mlを飲み、また、走行中補給のためにあんぱんを入手。
ゆっくりと過ぎ去っていくサイクリストを眺めながら優雅に飲む。
それ以降も伊豆のアップダウンをクリアしながら、他のブルべライダーに上りはぬかされ、下りはおいつくという感覚。多くの方に接し皆さんスピードが速い。
真鶴駅近くの7-11
真鶴駅近くの7-11 posted by (C)Supple

そして伊東へ。伊東の町中で走行時補給(あんぱん)をまた行い。
初島を伊東から
初島を伊東から posted by (C)Supple

ハトヤへの道@伊東
ハトヤへの道@伊東 posted by (C)Supple

冷川トンネルの坂を挑む。ここで熱中症になった。そのときよりは暑くなく、風もある今日は走るのにはベストコンディション。難なくクリア。今度はお昼の算段を開始。走行しているうちに冷川の交差点でWさんに会う。いっしょに走っていたものの5月のブルべ中に伊豆の冷川の上りで途中の中華屋 てんてん が気になっていてそこに寄ってみたかった。しかし、のれんが出ていない。11:30オープンのはずだったのに、丁度11:30前だったからかもしれない。しかし人の気配が感じない。気を取り直して中華屋を探したが修善寺で見つけはしたものの足を踏み込めずそのままPC1へ。あのとき修善寺駅に入っておけばよかったかな。。。

11:43 PC1 LAWSON 伊東熊坂店 144.6㎞地点
気象条件がよいせいか。200㎞10時間切りするぺース。しかし、オーバーワーク気味ではない。ただ、昼食はコンビニ食ではなくお店食べたいということで、ここでは軽食。あとサプリメント的ジュースを飲むことを考えていたので。
キリンサプリ ブラッドレッド 500ml 疲労感軽減の包装に魅力を感じて。
おにぎり 1個
ポカリ (走行中の水分補給用として)
を購入。
昼食の場所を探しに走行開始。
ラーメン事件発生
PC1までの記載の通り、6月2日の昼はコンビニ食はせずラーメンを食べよう。次ラーメン屋を見つけたら入ると決めていた。この決定がリサーチの重要性を再認識させられた。とある長岡のラーメン屋で長屋に店舗があるお店でしたが、これがラーメンを頼んだが、だしの後味も悪く、味の素風の化学調味料の味が強いラーメンでどちらかいうと私には口が合わなかった。いままでのワースト3に入るほどだと思う。麺は極細麺。スープになじんでいない。チャーシューやなるとや麺など具をたべて、半ライスをたべてお昼は衝撃をうけながら終わった。これならコンビニのほうがよかった。(/ω\)
伊豆長岡のラーメン
伊豆長岡のラーメン posted by (C)Supple
その後気を取り直して千本松原を通り、そこはすんなり通れたものの、信号地獄の富士市街地へ。そしてタイミングづらしとトイレ休憩のため、7-11 富士市島田町店へこちらはトイレのお礼に缶コーヒーを1本購入。そして、PC2へ。
14:33 PC2 MINISTOP 富士川木島店 187.7㎞
おにぎり、コーラ500ml。 ミルクフランス(走行補給のための所持用)
熱中症をになるな!!
PC2後は富士川上り。風はアゲンストでゆっくり走行が、身体の体温は上昇気味。気温は上昇気味。このままいくと頭痛が出そう。ということで、内船駅でトイレ休憩兼クールダウン。タオルを濡らして合わせてクールダウンを図る。そして、日焼け止めを塗りなおし。本日、4回目。1日何回塗ればいいのだろうか。しかし、すぐに汗でなされてしまう。その後は補食用のミルクフランスを食べ食べ走り、身延前の10%上り坂を越えて、ノンストップで身延を通り過ごす。ちなみに今回は身延饅頭はパス。先日の400で食べたしね。そして、淡々と富士川をのぼっていく、R52をそのままとおり、TDKのバラの壁へ先月は満開だったがまだ少し咲いていた。そのあと数名止まっているブルべライダーのいる道の駅しらねをパス、少しのぼってからPC3へ。今回は調子よく登る。
18:20 PC3 7-11 韮崎旭店 262.6㎞地点
パスタとマルチビタミンゼリー C1000 ビタミンとポカリ(自転車所持用)を購入。
コンビ二食事しいているとここではいつも会う常連さんたちにあう。K上さんやMさん、けーこさんや松本支部長さんやDさん。スタッフのオレンジさんとあおさんも待機。いつもありがとうございます。
また、ナイト装備を装着。そして、7分丈パンツをはいて、ヘルメットにライトをつけて出発。

峠を耐えられるのか?
富士見峠を上って諏訪湖に向かう。峠を登れるのか?
日も暮れてR20までも調子よくいけ。R20に入ると坂をだらだらと上らされる。もう熱中症の段階から、寒さ対策の気温になりつつあるが、ある程度我慢して、途中、白州でコンビニでアイスカフェオーレを補給。割と難なく富士見峠に到着。
夜の富士見峠
夜の富士見峠 posted by (C)Supple
寒さを危惧して半袖ジャージを2枚にして坂を下る。寒くない。どうも温度調整もうまくいっている。
ということで諏訪湖のエリアへ。この辺はほぼフラット。あとはゆっくりと走るのみMさんといっしょに走る諏訪大社の脇をとおり、そして湖畔に向かっていると船長さんがダウン気味で走っている。お声を掛けたら復活されたようで、いっしょにPC4へ。
22:13 PC4 7-11下諏訪湖岸通り店 328.5㎞地点
スタッフの828さんとNさんがお出迎え。どうもコース各地の酒を買いまくっているらしい。しばし話をして、睡眠時間の確保のため、ホテルへ移動。コース上ですが、諏訪湖インターまで。
自分でも今回は上出来なぐらい前半戦を速く走れていた。しかし、オーバーワークはなくうまくいったようだ。
次につづく。

日記をお読みいただきありがとうございます
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ブルベ

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: ブルベ  自転車  神奈川  静岡  伊豆  600㎞  東京  長野  諏訪湖 
tb 0 : cm --   

横浜って洋式競馬の発祥の地だったんだね(2018年5月20日) 

時間ができたので横浜まで。

まずは山下公園に。やっぱり船の見える公園はいいよね。この日はレガッタの試合のようでした。
そして、たくさんのサイクリストもいらっしゃいました。公園内は自転車侵入禁止のため手押しで移動。
横浜港
横浜港 posted by (C)Supple

少し離れて、山下公園内ですが、バラ園へと噴水へ。
山下公園
山下公園 posted by (C)Supple
バラ園@山下公園
バラ園@山下公園 posted by (C)Supple

横浜港の船を見るのは楽しい。また、花も鑑賞できる。いいところだよなあ。
そして、馬の博物館まで足を延ばす。馬の博物館は根岸森林公園の南西側に位置する博物館で、正式名称が根岸競馬記念公苑と呼ばれている。日本の洋式競馬の発祥の地でもある。
この地は1866年(慶応2年)に根岸競馬場が完成し、
翌年の1月11日に最初の競走が行われたらしい。
1942年(昭和17年)まで毎年春と秋に競馬が行われていた。
競馬が横浜が発祥だったとは知らなかった。ただ、横浜は江戸時代の最後のころは西洋人が多かったはずなので不思議ではない。まして横浜山手(外人墓地などがあるところ)からも尾根伝いで来れるところでその立地もなんとなくわかる。
馬の博物館
馬の博物館 posted by (C)Supple
根岸森林公園を望む
根岸森林公園を望む posted by (C)Supple鏡越し 馬の博物館
鏡越し 馬の博物館 posted by (C)Supple
そして、馬の博物館では天野喜孝展 天馬が特別展示してあった。この人の作品はアニメなどにも使われているが、どうも暗い感じの絵でご本人の醜さへの執着心を感じてしまう。この作品展を見たとき、生命力と欲望を直接的に示すように表現しているようにも見える。なにか闇に蠢くものを表現しているようにも感じとれてしまうのでした。
特別展 天野喜孝展 天馬
特別展 天野喜孝展 天馬 posted by (C)Supple

馬の博物館から離れて根岸森林公園の反対側へ。
なんとも印象的なのは旧一等馬見所の建物がノスタルジックにいまだに立っており、古き時代の大規模建造物である。戦後すぐはこのあたりは進駐軍の領域だったらしい。この建物の北東側には横浜が見えた。天気がよかったのでいい景色でした。あの美術展の気持ちを洗ってくれた。
横浜競馬一等馬見所跡地
横浜競馬一等馬見所跡地 posted by (C)Supple
根岸真理公園から横浜を望む
根岸真理公園から横浜を望む posted by (C)Supple
ということでゆったりと午前から
さあ帰ろう。
午後ののんびり横浜散歩でした。

日記をお読みいただきありがとうございます
これを全部でれたらいいのですが。クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Category: ポタリング

Thread: 自転車

Janre: 趣味・実用

Tag: 横浜  神奈川  自転車  公園 
tb 0 : cm --